FC2ブログ

日本人なら必ずする「BCG」の話の謎

2019.09.08.00:20

私たちは日本人である限り、子供のうちに「BCG」という結核予防のワクチンを腕に打ちます。
厚生労働省より

平成25年度以降のBCG接種について

問10.BCGワクチンの接種はいつ行えばよいですか?

平成24年度まで、BCGワクチンの接種は生後6ヵ月に至るまでに接種することとなっていましたが、平成25年度以降は生後1歳に至るまでの間に接種することと変更されました。 なお、標準的な接種は生後5ヵ月から8ヵ月の間に行うこととされています(ただし、地域における結核の発生状況等の事情を勘案する必要がある場合は、必ずしもこの通りではありません。)。

令和になってもやっているのかどうか知りませんが、なくなったという話は聞いていないので、まだ続いていると思います。

問5.腕にBCGワクチンの痕が残るのが嫌なので、目立たない所に接種することはできませんか?

BCGワクチンは、上腕外側のほぼ中央部に接種するものとされており、その他の場所への接種は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)上認められていません。また、肩の部分に接種を行うと、ケロイドを生じやすいことが報告されています。定められた場所への接種をお願いします。

^^^

c.pngb.png

今年66歳の私の腕にも、よく見ないとわからないほどになっていますが、接種した後が残っています。

「聖書にありますね?獣の数字は666なのです。」

他国では子供のうちにBCGをするでしょうか?

確かしないと思います。

このBCG…

接種しない日本人もいるのです。

このマーク…

実は選ばれたものという意味であるらしい。

日本人であることで、最初から選ばれているのだといいいます。

あまりいい意味ではないようですが、選ばれている、という意味だそうで、その意味で日本人は特別らしいです。

その話は、イルミナティに入ってしまった、「Tatsu HERO'Z」さんが言っていました。

どの動画だったか忘れたので、興味があればご自身で探して見て下さい。

  https://youtu.be/gDplTTZkeTc

ただ…

注意して欲しいのは、彼はイルミナティに興味があって、イルミナティのメンバーになった男なんです。

洗脳されるかも…

私は今は見ていません。



スポンサーサイト



イラクをめぐる戦争は「スターゲートをめぐる戦争」だった&フィリピンの隠された島の都市伝説

2019.04.02.11:08

イラクをめぐる戦争は、スターゲイトをめぐる戦争だった。?!→



Many ancient cultures speak of portals to other worlds and gateways to star systems where their “creators” reside. Stargates, also called Astria Porta in Ancient and Chappa'ai in Goa'uld, as well as various other names across the universe, are a series of devices built by the Ancients which create wormholes, allowing for near-instantaneous transportation between two distant points in space.
fullsizeoutput_149.jpeg 
多くの古代文化は他の世界への入り口や彼らの「創造者」が存在する星系への入り口について話しています。 古代のAstria PortaやGoa'uldのChappa'aiとも呼ばれるStargatesは、世界中でさまざまな名前が付けられています。 宇宙で。

Saddam Hussein was in possession of a Stargate - a mechanism for intercosmological travel.Back in the 1920s the Iraq StarGate was uncovered in Baghdad. This StarGate was surrounded by the “Green Zone” during the Iraqi War and was the whole purpose for the war. Weapons of Mass Destruction (WMD’s) were an excuse.
fc2blog_201904021102422cf.jpeg 
サダム・フセインはスターゲイト - 宇宙間の旅行のためのメカニズム - を所有していました。1920年代にイラクのスターゲイトがバグダッドで発見されました。 このスターゲイトは、イラク戦争の間「グリーンゾーン」に囲まれ、戦争の全目的でした。 大量破壊兵器(WMD)は言い訳だった。
On May 13, the U.S. Military will hand back the ancient site of Ur
to the Government of Iraq
The transfer of responsibility for the protection and control of the archaeological site follows the Military’s return of the ancient site of Babylon to Iraqi forces.

5月13日、米軍はウルの古代遺跡を手渡す
イラク政府へ
遺跡の保護と管理に対する責任の移転は、軍によるバビロンの古代遺跡のイラク軍への帰還に続きます。

^^^^^^

以上転記終了

そういえば、イラクかイランか忘れましたが、政府関係の人が、「我々は古代から宇宙船を持っていて、宇宙人と交流している」というようなことを発言していたことがありました。
その時は、そんなバカなことを言って!と思っていましたが、記事にしておけばよかったです。
もう誰が発言したのだか覚えていません。

^^^^^

もう一つ、この管理者さんの動画で面白いものがあったのでご紹介します。
なんと!
フィリッピンに、隠された不思議なハイテクの島があるというのです。
右下の四角から字幕、隣の歯車マークから自動翻訳で日本語を選びます。


On a large Philippine island, is hidden the city called Biringan. You can visit, but you have to be invited. The island of Samar, 150 miles long, is home, to the hidden city of Biringan. Well-known to the Filippino citizens there, and located somewhere in the northeast quarter of the isle, it is said to exist in a different dimension. Sailors reported seeing its lights, shining brighter than that of any other coastal city. But captains know to steer clear of this port. In times when traditional fishing areas are overexploited, fishermen who wander into the abundant seafood reserves off the shore of Beringan City, may be unable to chart a course back home. The name "Biringan" itself, translates as, "a place to look for missing people". The city is also the dwelling place, of those presumed dead. Despite its reputation as a dazzling city of light, it is populated with black buildings, black towers, black streets, and black automobiles. The Filippinos have a saying, "If someone offers you black food, do not eat it." You may be captured, and perhaps enslaved. The residents of Biringen, sometimes called "the Engkantos", are_ human. With one cosmetic difference. Their faces do not have a philtrum. The philtrum is the vertical depression between the bottom of the nose and the upper lip. The Engkantos have a comfortable, futuristic lifestyle. High-tech dwellings with automatic environmental controls. Luxury cars that drive themselves. And small machines can be seen flying above the streets, carrying_ messages or deliveries. And apparently, it takes a lot of resources from the outside world to sustain their high standard of living.
大きなフィリピンの島に、Biringanという街が隠されています。あなたは訪れることができますが、招待されなければなりません。

長さ150マイルのサマール島は、隠れた街ビリンガンの本拠地です。そこのフィリピンの市民によく知られていて、そして島の北東地区のどこかに位置して、それは異なる次元で存在すると言われています。

船員たちは、他の沿岸都市よりも明るく輝いていることを報告しています。しかし船長はこの港を避けようとしている。伝統的な漁場が乱獲されている時代には、豊富な魚介類の保護区に飛び込む漁師たちは、ベリンガン市の沖合で、家に帰ることができないかもしれません。

「Biringan」という名前自体は、「行方不明の人を探す場所」と言い換えられます。街は死者と推定される人々の住む場所でもあります。

まばゆいばかりの光の街としての評判にもかかわらず、それは黒い建物、黒い塔、黒い通り、そして黒い自動車で占められています。フィリピン人は、「誰かがあなたに黒い食べ物を提供するならば、それを食べてはいけない」と言っています。あなたは捕獲され、そしておそらく奴隷化されるかもしれません。

時には "Engkantos"と呼ばれるBiringenの住人は人間です。化粧品の違いが1つあります。彼らの顔は恥ずかしがり屋です。眼瞼は鼻の底と上唇の間の垂直方向のくぼみです。

Engkantosには、快適で未来的なライフスタイルがあります。自動環境制御によるハイテク住宅自分を運転する高級車。そして、小さな機械が通りの上を飛んで、メッセージや配達を運んでいるのを見ることができます。そしてどうやら、それは彼らの高い生活水準を維持するために外の世界から多くのリソースを取ります。

A cargo ship from Manila docked at the Tacloban Port of Samar. The shipment consisted of heavy equipment. Bulldozers, payloaders, graders and dump trucks. When customs examined the bill of lading, the official was surprised to see the destination listed as Biringan City. The_ whole cargo was sent back to the shipper. But it never returned, to Manila. Unofficially, customs expects this equipment was delivered to its intended destination. Evidently, the Engkantos also like OUR luxury cars. Automobile dealerships on the islands admit to receving quite a few orders that are fully paid, in advance. They deliver a car to a local address, where the buyer happens to be deceased. In a day or two, the car disappears. But the dealer knows the car will end up in Biringan City. There's a couple ways for normal humans, to reach the Hidden City. Number one. You may enter through a portal. Portals are said to exist in the cities of San Jorge, Gandara, Calbayog and Catarman. A portal may coincide with a certain rock or tree. Or the portal may be without landmark, in the middle of a field. Number two. You could be the_ victim, of an abduction, by an_ Engkato. Number three. You can drive there. But only if you are lost. A taxi was following its route from Gandara to San Jorge. At about the halfway point, it had already discharged its passenger. That's when the driver stopped to pick up two young ladies. Their destination was off the main route, but they offered to pay three times the amount of his usual fare, so he agreed. The girls climbed into the back seat. They di_rected him down a road he did not know. In due time he was passing by a strange city. He turned his head to ask the girls about it, but they were gone. When he looked back out the window, and the city too had disappeared. Other abductions are more permanent. The Engkantos sometimes take outsiders as mates. Especially if the outsider is good-looking, or attractive. In order that the kidnapping will never be discovered, the death of the victim, will be staged, by way of "accident", or by a fatal illness that takes only a few hours. In reality, the person never genuinely dies, but instead is replaced. The grieving family is left with a body double, manufactured to look and feel like the victim. As a result, some Biringan children are born, half-Engkantos, half-normal human. As young adults, this mixed breed likes to visit, the islands vacation destinations, such as the beaches, and the nightclubs. But they strive to keep their existence a secret. One theater in Samar was plagued by paranormal issues, where a production called, "The Biringans" was being performed by the Filippinos. Character names that were too close to the truth, failed to appear in the printed program, even after several press runs. They solved this problem by changing the names. Special satellite images were taken by a Japanese corporation, to identify resources on the island of Samar. Somewhere near the hidden city, the pictures recorded a brightly lit tract of land, which was taken to be deposits of uranium, or gold. The Japanese then based their ground operations in San Jorge. But the Engkantos jealously guard the treasures of the deep forest.

マニラからの貨物船がサクロのタクロバン港に停泊した。出荷は重機から成っていた。ブルドーザー、ペイローダー、グレーダー、ダンプトラック。税関が船荷証券を検査したとき、当局は目的地がBiringan Cityとしてリストされているのを見て驚いた。全貨物は荷送人に送り返された。しかし、それは決してマニラには戻ってこなかった。
非公式に、税関はこの機器が意図された目的地に届けられたと予想します。 明らかに、Engkantosも私たちの高級車が好きです。島の自動車ディーラーは、事前に全額支払われるかなりの数の注文を受け取ることを認めています。彼らは地元の住所に車を配達し、そこで購入者は死亡します。一日か二日で、車は消える。しかしディーラーは車がビリンガン市に到着することを知っています。
 隠れた街にたどり着くには、普通の人間にとっていくつかの方法があります。 
1。あなたはポータルを通して入ることができます。ポータルはSan Jorge、Gandara、Calbayog、Catarmanの各都市に存在すると言われています。ポータルは特定の岩や木と一致することがあります。または、ポータルは目印がなくても構いません。
2。あなたはEngkatoによって誘拐の犠牲者になることができます。 
3。あなたはそこに運転することができます。あなたが迷子になった場合に限ります。 ガンダラからサンホルヘまでタクシーが走っていました。途中で、それはすでにその乗客を退院させた。それは運転手が2人の若い女性を拾うのをやめたときです。彼らの目的地はメインルートから外れていました、しかし、彼らは彼の通常の運賃の3倍の額を払うことを申し出ました、それで彼は同意しました。女の子は後部座席に登った。彼らは彼が知らない道に彼を向けた。やがて彼は奇妙な街を通り過ぎていった。彼はそれについて女の子に尋ねるために頭を向けました、しかし、彼らはいなくなりました。彼が窓の外を振り返ると、街も消えていました。
 他の拉致はより恒久的です。 Engkantosは時々仲間として部外者を取ります。特に部外者が格好良い、または魅力的であるならば。誘拐が決して発見されないようにするために、犠牲者の死は「偶然」によって、またはほんの数時間かかる致命的な病気によって上演されるでしょう。
実際には、その人は本当に死ぬことはありませんが、代わりに置き換えられます。悲しんでいる家族は犠牲者のように見えそして感じるように製造された二重の身体を残される。 その結果、何人かのBiringanの子供、半分Engkantos、半分普通の人間が生まれます。
若い大人として、この混血種は、ビーチのような島の休暇の目的地、そしてナイトクラブを訪れるのが好きです。しかし、彼らは自分たちの存在を秘密にしておくよう努めています。 サマールのある劇場は超常的な問題に悩まされていました、そこで、「The Biringans」と呼ばれる生産はフィリッピノスによって実行されていました。真実に近すぎるキャラクタ名は、何度か印刷機を走らせた後でさえも、印刷されたプログラムに現れることができなかった。彼らは名前を変えることによってこの問題を解決した。
 サマー島の資源を特定するために、特別な衛星画像が日本の企業によって撮影されました。隠された街の近くのどこかで、写真はウラニウム、または金の堆積物であるとされた土地の明るく照らされた区域を記録しました。その後、日本人はサンホルヘで彼らの地上作戦を行いました。しかしEngkantosは嫉妬深く深い森の宝物を守っています。

^^^^^^^^^^^^^^^


不思議な伝説にも、ほどがありますね!
フィリピンですか!
行って見たいでしょうか…?



米国で何が起きているのか・カバチームの暗躍にストップをかけるムーブメント?&C国では?

2019.03.06.23:43

ヨーヨーさんがとてもわかりやすく動画を作ってくれています。



欧州へ行く石油は、一旦椅子らえるを経由して、椅子らえるが元栓を握っていたって…知りませんでしたね。
日本は?
日本の原発は椅子らえるの会社が管理しているそうです。
フランスから確か、ウランを買っているのだけれど、そのウランは、ブラジルにいる一人のゆーのだーのやーのおっさんが、「うん」と言わないと売ってくれなくて、日本の経産省のエネルギー関連のナントカというところの職員が、何ヶ月もリオにいて、「うん」と言ってくれるのを待っていた、という噂が流れてました。
椅子らえるという国は、ゆーのだーのやーのおやびんですかね。




現在の金融体制が崩壊したら、次は仮想通貨の時代がくるのか?

2019.02.24.21:56

私のような老人は利用しようとも思わないし、使い方も意味もわからないのですが、現状の金融体制はすでに破綻し始めているので、これから、どうなって行くのか、お若い方の方が得意でしょうね。
どこかの地方都市にも、この仮想通貨で儲けた人が、換金して莫大な資金を手に移動してきて、もう仕事なんかしないと言って、生活している方がいるそうです。
例の、政治家のナンタラの旦那さんとか、歌手のナントカさんがとかって、詐欺騒ぎがあった後だったので、それか!と妄想しましたが、知り合いではないので、わかりません。
まだまだ不安定な仮想通貨、得するもの、損するもの、色々あるようです。

宇宙人チャンネルさんの暗号通貨に対する仮説




GESARAがみなが思う真逆であるという説&与国氏の「2019年1月3日に何が起きていたのか」と言う動画再掲

2019.02.13.13:31





^^^

少なくとも、地球上ではもう、核戦争は起きない。
それは他の情報から言えます。
それでも画策する者はいるかもしれないが。
ある情報が、正義に見えたとしても、反対意見を探してすり合わせてみないとね。
もう我々は、うかつに真に受けたりしないんだよ。
考えてみてごらん。
日本も含め世界情勢が不穏すぎて、調べずにはいられなくなるんです。
早く安心な世界にしましょう。


(´∀`*)




地震が起きる前に観測される不可解な虹の研究のお話

2019.01.07.13:38

日本で昔、地震を虹によって予測した人がいた。
その研究は、アインシュタインやエジソンにも評価されたが、のちのその予測は詐欺とされ葬られたが、彼は死ぬまで研究を続けた。
現代になって、地震が起きるときに奇妙な虹が出ることが多いことが観測され、彼が昔やっていた研究を思い出したものが、それを調べようとしたら、いつの間にか、全て消されていたことがわかった…
……

都市伝説界隈では、
精度の高い地震予測をされたくないものがいるのではないか?という話が流布しているようです…






アルミナお茶が日本の裏にた〜くさんいるって…

2018.12.08.20:19

日本って、我々が考えているよりも、うんと闇‥

2011年に日本が変わったというか、アルミナお茶が前に出てきた。
そこのずっと上にいるのは、宇宙人だったりして〜(;゜0゜)

宇宙人チャンネルさんが、2011からおかしいよ、って言ってます。
⬇︎
2011年はやっぱり何かおかしい…紅白もイルミナティーだらけ

エコノミスト誌の表紙に表されているものについて、2019

2018.12.05.18:34

【考察】英国紙の予言が怖い!富士山がやばい?ゲノム編集!【都市伝説】

毎年出されている「エコノミストの2019年の表紙について、です。


^^^^^^^^^

Mr,都市伝説・2018秋の放送直後の緊急集会

2018.11.18.00:07

これ最近の関アキオさんの2018秋の都市伝説を放映後の集会です。
なかなか、不思議大好きには聞き捨てならない内容の話をしています。

本当か如何かは貴方次第なのですが、おとぎ話だと思って聞いくと興味深いね。
⬇︎
hqdefault.jpg

Mr.都市伝説・関暁夫の「都市伝説放送直後・緊急生集会」→

それともう一つ重要なのが、
なんとあの有名なアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」
あれには秘密が隠されているようですよ‥
⬇︎
ヱヴァンゲリヲン


フリーメイソンの秘密は新世紀エヴァンゲリオンにある。→




プロフィール

kitako

Author:kitako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR