FC2ブログ

これは素敵なことなんですかねえ?

2020.01.19.17:51

預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討へ…総務相要請、今年中に具体策

スポンサーサイト



わかっていない…

2020.01.19.17:15

独自】中国軍拡「法の支配に基づく国際秩序の書き換え」…シュナイダー在日米軍司令官


ケビン・シュナイダー在日米軍司令官は、日米安全保障条約改定から60年に合わせ、読売新聞の単独インタビューに応じた。中国の軍拡は「法の支配に基づく国際秩序の書き換え」を狙ったものだとし、そうした試みを日米同盟で食い止める決意を強調した。

 インタビューは7日、米軍横田基地(東京都福生市など)で行った。昨年2月の着任後、シュナイダー氏が日本の主要メディアのインタビューを受けるのは初めて。

 シュナイダー氏は、「長期的にみて、最も大きな挑戦は中国によって引き起こされる」と指摘。中距離ミサイルの大量保有や極超音速兵器の開発などの軍拡に懸念を示し、「法の支配に基づく国際秩序の書き換えを可能にするため、攻撃的な能力を得ようとしている」との認識を示した。

 そのうえで、「中国は、第1列島線の内側だけでなく、第2列島線までにおいても支配的な勢力になろうとしている」とし、「中国の悪意ある行動には異議を唱え、対処しなければならない」と強調。そのために、「(同盟が)現状維持でいることはもはや許されない。自衛隊と米軍双方が進化を続けなければならない」と語った。

 一方、「安保上の挑戦として最も差し迫っているのは北朝鮮だ」とも語り、ミサイル実験などの再開に備えるとした。

 在日米軍については、「抑止力になってもいるし、戦いに勝つための準備もしている」と述べ、重要性が増しているとの認識を示した。

 今年行われる在日米軍駐留経費の日本負担額に関する特別協定の改定交渉については、「米軍がここにいるのは日本を守るためだという事実に立ち戻りたい。日本に直接影響しないように見えるが、間接的に影響するものも交渉の際に取り上げるだろう」と語り、現在よりも幅広い項目を要求対象にしようとしている米政府の方針を示唆した。

^^^^^^

韓国も、シリアも、日本も、あちこちで、もうお家に帰れば?って言われているみたいです。

4800万円脱税した罪で起訴 01月10日

2020.01.15.00:27

福島の除染が、延々と行われているにもかかわらず、ちっとも解決していないのは、こんなことが起きていたから?!


4800万円脱税した罪で起訴

県内で除染作業を請け負った建設会社の責任者が、下請け会社から受け取った1億3000万円あまりの所得を隠し、所得税4800万円を脱税した罪で起訴されました。

起訴されたのは、横浜市に住む会社員、加治慶一被告(54)です。
検察などによりますと、加治被告は、平成28年までの3年間に、除染作業の複数の下請け会社に支払った契約金の一部を、知人の口座にキックバックさせるなどして、1億3100万円の所得を隠し、4800万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われています。
当時、加治被告はいわき市に住んで建設会社の工事部長を務め、会社の除染作業の責任者だったということです。
検察は認否について明らかにしていません。
加治被告については、仙台国税局調査査察部が去年7月に福島地方検察庁に告発していました。

残念ながら‥我が国の政治は終わっている・日米協定、米自動車関税「将来撤廃」を

2019.09.23.10:18

日米協定、米自動車関税「将来撤廃」を=WTO違反回避へ付属文書で調整9/23(月) 7:11配信

日本政府が月内の署名を目指す日米貿易協定交渉で、米国の自動車関税(2.5%)の維持を認めた上で、「将来の撤廃」に向けた記述を付属文書に盛り込むよう要請し、最終調整していることが22日分かった。

 具体的な撤廃時期は明記されないが、高水準の自由化を課した世界貿易機関(WTO)ルールに違反する事態を回避するため、協定上、再交渉の余地を残す。

 米国は離脱前の環太平洋連携協定(TPP)交渉で、2.5%の輸入乗用車関税を発効25年目に撤廃することに合意した。しかし、今回の交渉では自動車産業の雇用を重視しTPP水準での自由化を拒否。日本も米国が検討する日本車への追加関税を回避することを優先し、米側の意向を受け入れた。

 少数国間の貿易自由化について、WTOルールでは、貿易の9割以上で関税撤廃が必要と解釈される。対米輸出のうち、日本車の割合は金額ベースで全体の3割を占め、日米協定は米国の車関税に言及しなければルールに抵触する恐れがある。

 このため、日本は「(税率変化を示す)譲許表に将来の関税撤廃に相当する記述」(複数の関係者)を盛り込むよう要請。ルール違反の回避へ米通商代表部(USTR)も問題意識を共有しているといい、一定期間後の再交渉の可能性などを注記する方向とみられる。日米は25日の首脳会談で協定に署名し、譲許表を確定したい考えだ。 

以上



一体、なにが起きているのか日本と世界…

2019.08.16.09:27

こちら、依田一義様のツイッターです。
インテルを元にツイートされているようです。
インテルとは、中国の長老派であると、だれかが言っていました。

インテルの言っていることは当たらない…と言う人もいます。
なにが起きているのでしょうか?
GCR/RV INTEIを見ている皆様へ本日8月15日は歴史が変わる日でやはり過去も現在も変わらぬ出来事でした最初に泥棒ちゃんへビデオレター見ましたか?見た、よかった。何でそんなに震えてるの?ドイツのメルケル首相じゃないんだから医者呼ぶ?!あれ?もっと震えてる


まー泥棒の悲報はほどほどに楽しんで下さいね!今日は上手くコンピューターも稼働できた事で、通貨の解放も近いので、皆様が再度お金とは何なのかというのを考えて頂けたらと思います。皆様のお金の使い道、価値観一つで世界は激変しますし、変な泥棒が独裁的になり、現れることもないと思います。

皆さん、悲報気になる?! 一言だけ追加ね、グアンタナモ行けたらラッキーだと思ってね😵 以上 それくらいにして、希望の光浴びて下さいね❗


^^^^

お仲間を見ると、Qmap Japan系なので、米国CIA系その他色々でしょうが、なにが起きているのでしょうか?
Qmap JapnのEriさんのツイートを見ると、日本の天皇一族が悪いと言っていますが、
全くバンされないのは何かあるのでしょうか。
市民にはもう…
理解不能な状況が続いています…


なぜ日本は、迅速に積極的に有志連合参加を表明すべき なのか?

2019.08.13.08:22

北野幸伯氏の無料メルマガよりです。
転載の許可はいただいております。
ご興味ある方は、ご自身でもご登録ください。
無料メルマガらしく、宣伝も含まれることをご承知ください。


★なぜ日本は、迅速に積極的に有志連合参加を表明すべき
なのか?



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


アメリカ主導の「タンカー防衛有志連合」構想、なかなか
進んでいないようです。



<ポンペオ氏、有志連合「時間がかかる」各国に協力要請

毎日新聞 7/30(火) 10:45配信  

ポンペオ米国務長官は29日、中東ホルムズ海峡の安全確保
に向けた有志連合構想について、「我々が想定していたよ
り時間がかかる」と述べ、調整が難航していることを示唆
した。>


<イランを巡る緊張が高まったのは、米国が一方的にイラ
ン核合意を離脱し、イランへの経済制裁を再発動したのが
直接の切っ掛けで、こうした事情が調整難航の背景となっ
ている模様だ。>(同上)



ポンペオさん、「想定していたより時間がかかる」。

なぜ?

毎日新聞の解説は、


<イランを巡る緊張が高まったのは、米国が一方的にイラ
ン核合意を離脱し、イランへの経済制裁を再発動したのが
直接の切っ掛け>

だから。

まさに、この解説通りですね。

イギリス、ドイツ、フランス、ロシア、中国、イランは、
この合意維持を支持している。

アメリカが、勝手に抜けたのです。

イラク戦争時と同様の「理不尽さ」が、支持の広がらない
理由でしょう。


現状、ドイツは「有志連合に参加しない」と表明しました。

しかし、イギリスは「参加する」」と表明しています。



<英、有志連合参加へ 米政権寄りに方針転換

産経新聞 8/6(火) 1:08配信

【ロンドン=板東和正】英政府は5日、米政府が結成を急
ぐイラン沖・ホルムズ海峡でのタンカー護衛に向けた有志
連合に参加する意向を表明した。

トランプ米大統領と蜜月の仲とされるジョンソン英首相が
米寄りのイラン政策に方針を転換した可能性がある。>



日本はどうすべきなのか?

私は、何度も書いていますが、「必ず参加すべき」という
意見です。

まだの方は、まずこちらをご一読ください。


●ダイヤモンドオンライン 2019年7月25日
トランプが間もなく日本に突きつける「踏み絵」、日米同
盟は崩壊の危機か  

https://diamond.jp/articles/-/209301 


今回は、これに関連して、

ランド研究所のジェフリー・ホーナンさんの意見をご紹
介します。

彼の経歴は、


<ジェフリー・ホーナン氏 米ランド研究所研究員。

1975年生まれ。

米ウィスコンシン州のマーケット大学卒。

ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究所大学院で国
際関係の修士号(日本研究専門)を、ジョージ・ワシント
ン大学で政治学の博士号を取得。>



▼不参加なら、安倍総理は、大ウソつきに



<ホーナン氏 

過去7年間の安倍政権の安全保障に関する政策、例えば積
極的平和主義や自由で開かれたインド太平洋構想、ある
いは国家安全保障戦略(NSS)には、ホルムズ海峡につい
て、

日本は原油輸入で中東への依存度が高いのでこの地域の
安定が重要だと書いてあります。

こうしたことから米国で日本の貢献に期待感が高まるの
は当然だと思います。

こうして安倍晋三首相への期待感が高い状況の中で日本
がNOという回答をしたら、


「インド太平洋構想や積極的平和主義は何のためだった
のか」


ということになりかねません。>

(時事通信 8月11日)



安倍総理は、日本では珍しく「戦略的」な政治家です。


「自由で開かれたインド太平洋戦略」


を提示した。

これは、「自由で開かれたインド太平洋を守る」というこ
とでしょう。

安倍総理の言葉が、世界的に使われることになったのです。



さらに、安倍総理は、「積極的平和主義」という言葉を使
っています。

「積極的平和主義」ってなんでしょう?


「国際社会の平和と安全の実現のために、能動的に積極的
に行動を起こすという主義」

です。


総理は今まで、このように発言しつづけてきた。

そして今、総理は「有言実行の人」なのか、「言行不一致」
の人なのか試される局面がきたのです。


その名目は、「日本のタンカーを、日本自身が守ること」
です。

これは、反イランでしょうか?

日本のタンカーが攻撃された時、日本は「イランが犯人だ
!」とはいいませんでした。

むしろアメリカに対し、「もっとちゃんとした証拠を見せ
ろ!」と要求したのです。



<タンカー攻撃、米に証拠提示要求 政府、「イラン関与
」同調せず

共同 6/16(日) 6:00配信  

政府がホルムズ海峡付近で起きたタンカー攻撃を巡り、イ
ランが関与したとする米国の説明に同調せず、裏付けとな
る証拠を示すよう米側に求めていることが分かった。

米側主張は説得力に欠いているとの受け止めが背景にある。




だから、日本が日本のタンカーを防衛しても、「反イラン」
ではありません。

ターゲットは、「本当にタンカーを攻撃した勢力」となり
ます。

イランには、「日本はイランが犯人だとは思っていない。

しかし、実際に誰かがタンカーを攻撃したのだから、守ら
ざるを得ない」

と伝えればいいのです。



「金払って、他国に日本のタンカーを防衛してもらおう」


というのはどうでしょうか?


ホーナン氏

<もし何もしないと、湾岸戦争の時の日本の対応、「トゥ
ーリトル、トゥーレイト」あるいは「金を出すだけ」など
という批判が待っていると思います。>

(同上)


日本は、いいかげん、「日本は憲法9条教の信者で世界か

ら尊敬されている。だから憲法9条をノーベル平和賞に推

そう」などという、迷信から目を覚ますべきです。


実際は、「他国の兵士が死ぬのは平気だが、自国の兵士が

一人死ぬのも嫌な、【狡猾な国】」と思われている。


もちろん、全体的には親日の国だらけなのですが、事軍事
に関しては、そういう評価です。


今回の件に関しても、「日本のタンカーを日本が守るべき

かどうか、悩ましい」。

つまり、「他国に防衛させて、日本のために犠牲になって
もらおう」ということでしょう。


残念ながら、日本というか日本政府には、こういう狡猾さ
があります。



▼スピードも大事



ホーナン氏は、「決断のスピードも大事」といいます。



<─日本ができることをする、その際に注意することは何
でしょうか。

ホーナン氏 イラク戦争の時、小泉内閣は結局自衛隊を
派遣しましたが、それには議論に数カ月かかり、もちろん
米国は満足だったかもしれないが、決定までに時間がかか
ったという印象が残りました。

日本は平和安全法制など法律の枠組みができたので、日本
は平時ならこれができる、重要影響事態になったらこれが
できる、ということを決めて米国に提示すれば、米国が日
本の対応を批判することはないと思う。

もし米国の要請を待って、それを受けて決定までに数週
間、数カ月もかかったり、またその間米兵が何千人も亡く
なったりするようなことがあったら、日米同盟関係は悪化
する恐れがあります。

早期に決定して早期に対応することがとても大事です。>

(同上)


<早期に決定して早期に対応することがとても大事です。



まさしくその通りですね。



▼「希望の同盟」演説は、ウソか?



2015年3月、歴史的AIIB事件が起こりました。

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、イスラ
エル、オーストラリア、韓国

など親米国家が、ほぼ全部アメリカを裏切った。


彼らは、アメリカの制止を無視して、中国主導「AIIB」へ
の参加を決めたのです。

日本は、この時不参加で、アメリカを決定的没落から救い
ました。


さらに2015年4月、安倍総理は歴史的「希望の同盟」演説
を行った。

安倍総理は、演説の中で、こんなことをいいました。



<1990年代初め、日本の自衛隊は、ペルシャ湾で機雷の
掃海に当たりました。後、インド洋では、テロリストや
武器の流れを断つ洋上作戦を、10年にわたって支援しま
した。

その間、5万人にのぼる自衛隊員が、人道支援や平和維
持活動に従事しました。

カンボジア、ゴラン高原、イラク、ハイチや南スーダン
といった国や、地域においてです。

これら実績をもとに、日本は、世界の平和と安定のため
、これまで以上に責任を果たしていく。そう決意してい
ます。>



「世界の平和と安定のため」に「責任を果たしていく」

「決意」がウソでないことを、今証明すべきです。



<自衛隊員が積み重ねてきた実績と、援助関係者たちがた
ゆまず続けた努力と、その両方の蓄積は、いまやわたした
ちに、新しい自己像を与えてくれました。

いまや私たちが掲げるバナーは、「国際協調主義にもとづ
く、積極的平和主義」という旗です。

繰り返しましょう、「国際協調主義にもとづく、積極的平
和主義」こそは、日本の将来を導く旗印となります。

テロリズム、感染症、自然災害や、気候変動──。

日米同盟は、これら新たな問題に対し、ともに立ち向かう
時代を迎えました。>



日米同盟は、タンカーを攻撃する勢力に「ともに立ち向か
う」べきでしょう。

「積極的平和主義」が口先だけのきれいごとではないこと
を今こそ示すべきです。



<米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、
将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはな
りません。

米国国民を代表する皆様。

私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。


アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良
い場所にしていこうではありませんか。

希望の同盟──。

一緒でなら、きっとできます。>



希望の同盟、一緒でなら、きっとできます。


「一緒なら」というのは、まさに言葉の通りです。

タンカー防衛を「一緒」にする。

日本のタンカーを、アメリカや外国に守らせていれば、

トランプから、

「日本は日本のタンカーを守らず、家でソニーのテレビを
見ているだけだ」

などといわれてしまいます。

そして、アメリカ国民は、「日本人は狡猾な民だ!」と怒
ることになるのです。


安倍総理、今まで、さまざま美しい言葉を語ってこられま
した。


「自由で開かれたインド太平洋戦略」

「積極的平和主義」

「希望の同盟」

「一緒なら、きっとできます」


これらの言葉は、ホントだったのか、それともウソだった
のか、今問われています。

日本は、AIIB事件の時、参加しないでアメリカを救いまし
た。

それで、日米関係は、とても強固になった。


今、アメリカの「タンカー防衛有志連合構想」は挫折しか
けています。

日本は、イギリスに次いで、「やりましょう!」と手をあ


同盟国アメリカを救ってください。


アメリカを救うことが、日本を救うことにもなります。


そして、国民には、「日本のタンカーを日本が防衛するの

は当然だ」と説明すればいいのです。


野党がなんかいったら、「ではあなたは日本のタンカーの

防衛を他国に任せるのが、平和主義だというのですか?」

と切り返しましょう。


メルマガの読者さんで安倍総理とつながりがある方は、ぜ
ひこの内容をお伝えください。


皆さん、韓国叩きで幸せなようですが、もっと大事なこと

が世界では起こっています。

●PS1

令和の時代がはじました。

それなのに、巷では、


「日本が衰退していくのは、既定路線ですよ」

「日本は、縮小していくしかありません」

「ジム・ロジャーズも、日本から脱出して韓国、中国
に引っ越せといってます」

などなど「暗黒イメージ」が植えつけられています。


どうすれば日本を、世界一健康で幸せで豊かな国にす
ることができるのでしょうか?

超具体的な答えは、ここにあります。



●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

詳細は↓
https://amzn.to/2zn4gC3 


●PS2

中国は、アメリカ最大の脅威であると同時に、日本
最大の脅威でもあります。

彼らは、日本を破滅させるための明確な戦略をもっ
ている。

全部詳しく知りたい方は、いますぐこちらをご一読
ください。

勝つ方法も含めて、全部わかります。




●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa 


K国が無くなるなんて今なら誰でも言えます!AK's Pickup【20190804号】

2019.08.04.22:28


参考になります。
その通りでしょうね‥。

^^^^^^^^^

こちらでも、韓国から米軍が撤退する話が伝えられています。

なぜ?韓国で米軍やアメリカンスクールが南へ移転中。和平か軍事衝突か=児島康孝

トランプが間もなく日本に突きつける「踏み絵」、日米同盟は崩壊の危機か

2019.07.23.10:20

今日本でとても重要なことらしいです。

トランプが間もなく日本に突きつける「踏み絵」、日米同盟は崩壊の危機か

なぜ秋田県なのか?日本の支配層は常に北を犠牲にしようとしていると、噂が広がっています。

2019.07.12.21:13

LITERA様の記事です。

イージス・アショア山口と秋田配備はやっぱり米国への貢物! 米シンクタンクが「日本列島が太平洋の盾になる」


日本には、南を制する力ある勢力がおり、北を制する弱い勢力を常に、犠牲にして来たと噂が広がっています。
そう言うこともあるのかも知れません。
福島に関しても、いろいろ言われていますが、
そう言うエゴを持ち合わせているのは、
日本にとってマイナスにしかなりません。

日本における旧勢力、新勢力とは?

2019.07.10.10:36

私たちの日本も、どんどん情報が広まっていっており、若い人たちから新しい社会を作れるかのしれない可能性が出てきている。
旧態依然とした日本の体制はほころび、旧米勢力と組んだ利権亡者が暴かれて、国民に知られることとなっている。
現政権は、もう何をやっても構わないと思っているのか、年金がなくなるとか、水道を他国に売るとか、遺伝子組み換え食品で、日本の農業を衰退させようとしたり、バカにされているのに、外国に金をばらまいたりと、やりたい放題である。
国民は、どうしようもないとしっかり見ている。
では、新しい日本をどう作るのか、しっかり考えていかねばならないね。

^^
「日本を守るのに右も左もない」様より
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=294358
2018年09月28日

日本における旧勢力、新勢力とは?

週末また大型の台風が近づいている。どうも30日の沖縄知事選狙い+国民への脅しか。3.11までの大地震は主に米ロックフェラー・ネオコンの攻撃・脅しだったが、熊本地震以降の災害は、日本の支配層の仕業と考えられる。
特に北朝鮮の軍事圧力が演出できなくなった後、彼らは、強烈な自然圧力を演出することで、人々が国家に依存してくるのを狙っている。・・・彼ら自身がアメリカの力に完全服従しているが、同様に力で脅せば人々がついてくると思い込んでいるのではないか?
何をしでかすか分からない日本の支配層・・・とりわけ3.11・不正選挙以降
熊本地震への疑惑

このような力の信奉者が日本の支配層(闇勢力+天皇+田布施)である。

★日本における旧勢力とは?
世界の大潮流はプーチン・トランプなど民族派の興隆、そして近~現代を支配してきた金貸しの没落。
しかし日本は金貸しと通じてきた明治維新以来の闇勢力(天皇・田布施)が牛耳っている。
かれらは風見鶏のように、世界の力関係を読み、強そうな連中に近づいていく。したがって、プーチンなど民族派と連携もしているが、民族派という訳ではなく、自らの権力保持のために、力の強いプーチンや習に擦り寄っているだけである。要は自己保身の権力亡者であり、国民・民族の立場にたつ民族派とは水と油である。だからプーチンも一線を引いている。

では、官僚や政治家、マスコミはどうか?
官僚や政治家は金貸しの意図通りの法案を通したり、国民管理の法案ばかり作りだしている。マスコミも指示されたとおりの報道しかしないのも自分の利権・私益のことしか考えていないからである。原発やTPPのような日本全体の危機につながることでも彼らは無理やり押し通そうとした。
※従って、旧勢力とは利権を貪ることしか考えていない勢力のことであり、私権時代の制覇力(武力・資本力)にものを言わせた連中といえる。

一方、2012年以降、日本の大衆は、マスコミにいくら洗脳されても原発やTPP頑として受け入れなかった。いまや不正選挙だけがネックになっている。逆に言えば日本の支配層は、不正選挙によってしか政権を維持できない状態に陥っている。大衆とは完全に分離した状態である。

★日本における新勢力とは?
1970年、日本は世界で真っ先に豊かさが実現した。豊かさが実現して、利権やお金が国民にとっては第一ではなくなった。それ以降すでに50年近く経っている。国民は身近な人間関係における充足や未来に渡る安心基盤を求めている(人間本来の本源価値)。国家を牛耳る連中が利権亡者で、国民の本源欠乏と完全断絶している。この蓋が社会の閉塞をもたらしている。
強烈管理国家:現代日本の姿 ~全てを法制と権力で支配してしまえ~

社会の混迷と閉塞は誰の目にも明らかであり、国民の過半は、もはやお上やマスコミ(利権亡者)の言うことを信じていない。社会に対する危機感と不整合感は募る一方。
この大衆の不整合感に応える勢力が、新勢力となる。否、普通の人々自身が潜在的な新勢力とも言える。

★不整合感→事実追求が新勢力の武器。
世界的には、日本よりも遅れた国々が先行して民族の紐帯を下に国づくりに入っている。しかしそこでは、私権の残存→国家という古い私権統合の構造を残し、その矛盾を抱えたまま進まざるを得ない(特に中国や貧困の残る国々)。日本は統合期待⇒事実追求⇒新たな統合形態の模索に向かう。

日本が真っ先に豊かさを実現し、本源可能性の実現を潜在思念で捉えている。あとは、利権亡者に代わって、事実・自然の摂理に基づく新しい観念体系を構築→新しい制度や体制を自分たちで作って行くだけなのだと思う。

^^^

こちらも参考に

現在は

世界銀行三百人委員会様より→

中国事情;北京閥と上海閥 & ロスチャイルドとロックフェラー - るいネット習近平と李克強、天皇と小沢一郎、ロックフェラー一族の関係について。ロスチャイルド一族は分裂状態なので、ここは外して読むのが賢明

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/09/8107.html
294358中国事情;北京閥と上海閥 & ロスチャイルドとロックフェラー

さて、最近の小沢の動きと、これからあるであろう宮内庁を含めた、中国から習近平が来て、天皇に会うという話を整理しておこうか。
 
この記事は、20091214に書いている。
 
 
ま、簡単に説明するよ。
まず、習近平という人物像から。
習近平というのは、江沢民派、つまりは上海閥であり、CIAとやった茶番劇、新疆ウイグル弾圧の指導者(協力者)でもある。
1998年11月26日の天皇主催の宮中晩餐会の席上で天皇に無礼を江沢民が働きました。
 
上海閥=ロックフェラー系と付き合いが深い。
日本ではロックフェラー系=天皇教(統一教会や靖国カルト)ですが、中国人は天皇が基本的に嫌いである。
この11年前、江沢民は日本を属国扱いする金印を贈ろうとしたそうな。中国から大昔に金印を貰ったと捏造した話を知ってると、なかなか面白いジョークではある。
 
 
その「天皇を侮辱しようとした」江沢民の手先みたいな人物が、今さら天皇に「どうしても会いたい」というのは何故なのか?ということ。
しかも、それを「ねじ込んだ」というのは、小沢一郎だということ。
 
小沢は上海閥の習近平よりも、もう一人の国家副首相の李克強との繋がりが深い。
この江沢民派の習近平と対立する、胡温体制の中核、共青団派の実務TOPである、この李克強は、小沢家で書生していた人だからね。
 
 
ここを紐解くには、上海閥=ロックフェラーという図式に、もう少し踏み込む必要がある。
 
上海閥=ロックフェラーも確かであるが、上海=浙江財閥の本拠地でもあるのだ。
東南アジアも含めて、金融ネットワークを作ったのが浙江財閥である。
それは、ロスチャイルドネットワークであり、サッスーンなどが作り上げた麻薬から生まれたものである。
 
つまりは、結果的に、上海閥=ロスチャとロックの中間である。
だからこそ、D・ロックフウェラーではなく、Jロックフェラーの勢力が強い。
 
上海閥=江沢民は間違いないのだが、江沢民の息子はゴールドマンサックス勤務=Jロックフェラー側だったりとかね。
 
 
つまり、サッスーン(ロスチャイルド)からアイゼンベルグ(Dロックフェラー)に乗っ取られる経緯はあったが、ロス茶系金融ネットワークの中核でもある上海閥は、両者の中間、共産主義ロックフェラー的な立場で生き残らざるをえなかった。
 
しかし、パワーバランスが崩れた。
最近のDロックフェラー系の衰退からJロックフェラー、ロスチャイルドに影響力が代わったからである。
 
そこで、Dロックが、スペイン法廷に、法輪功(Dロック系)の虐殺の罪として、江沢民に逮捕状を突きつけたわけ。
法輪功ってこういとこね。 ↓ アメリカCIA、Dロック路線。

真っ赤な誓い【20080319】
リンク
 
 
Dロックフェラー陣営が、中国内で捨てられることを懸念した動きである。
それは、南部客家の動き、福建省系(インドネシア、スドノサリムとか)や香港などの、Dロックフェラー(とくに石油系)とかの客家の存在がいるわけね。
ただでさえ、ロス茶系金融ネットワークが客家の土壌だから、Dロック離れをなんとかしたかったわけだね。

そこで、江沢民を法輪功で脅したわけだ。
困った江沢民は、習近平を天皇に合わせて、なんとか和解への道をとりつけたい。
面白い事に、本来はDロックフェラーの天皇教(靖国カルト、宮内庁の統一教会コネクション)を頼るはずだが、小沢(Jロックフェラー)コネクションを頼っている事。
自民党の落ちぶれ具合も、これまた酷いね。
 
 
 
だから、2ちゃんの統一教会工作員は、オフとかやって反対運動を盛り上げようとしてる事(←これも天皇の政治的利用だろうが。)
 
 
実は、この状態は北京閥(正確に言うと共青団派)の、胡錦濤や李克強には、笑いが止まらない。
それ以上に、小沢のやったことは、日本にとって外交的に価値のありすぎることである。
 
北京と、南部のJロックとDロックの中国内での調整に、今後、いざとなったら小沢=日本が機能することを意味するのである。ある意味、田中角栄の日中国交改善よりすごい。
これは、その後のシナリオまで進めればの話だけどね。

李克強が書生でもわかるとおり、本来は自分達よりの小沢が、調整役となること、その小沢に、江沢民派に貸しを作った事、胡錦濤は、ホクホクであろう。
Dロックが、江沢民を追い込んだ事で、逆に対立してたはずの北京、そして日本というものまでもが、南部のDロックフェラー系の客家に睨みを利かす状態になったのである。
コネクションとして小沢の価値が上がる、だから本来は、李克強(小沢の友達)の次期党首争いのライバルである習近平に対して、強引な支援をコワモテで押し切ったのである。
 
 
ま、先月26日に「江沢民の身柄をよこせ!」とスペイン法廷がやったわけで、29日に習近平の訪日発表。
本来、小沢が無理やりに支援なんてしないはずの習近平と、その対価の大きさ。
この筋書きの流れで間違いないでしょうね。
右は自分達をないがしろにして天皇→小沢コネになったことで反対、左は天皇自体を認めたくない部分でも反対、両者が政治的利用という部分ではもちろん、右も左にも反対されてるって面白い図式だけどね。
 
 
 
是非、習は、天皇に会って江沢民に対する配慮を、引き出して帰っていただきたいものである。
宮内庁内のクウェーカー教徒(反共になれなかったロックフェラー、J系)も協力して、天皇にスペイン宛に一筆書かせるなり、なんなりして『政治的利用』して下さい。
 
そうすれば、日本が中国と連携して、脱アメリカができる筋道ができるからね。
 
DロックとJロックでD衰退、D系客家(福建省系、香港など)との調整に日本が連系、Dロック衰退→日本と中国とが親密に→「米国債システム放棄」(ここまでは中国と協力)→今度は日本内のJロックの糸も切っていく(ここで小沢とかを叩くべき)
 

^^^^^^^

世界の裏には、やはり中国系の客家と呼ばれる人たちがいるんだねえ。


プロフィール

kitako

Author:kitako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR