FC2ブログ

ロズウエル事件にまつわる、「驚くべき内部告発の情報」、リバースエンジニアリングで「日本には集積回路をあげたよ」と語る。

2019.01.31.23:57

ロズウエル事件に対する驚くべき、内部告発です!
本当にここまで語るとは!
コーリーグッドやデヴィッドウイルコックスではないのに!
米国の安全保障にまつわる守秘義務を甘く見るべきではありません。
ここまで、動画で語っているということは、
「もう、出して構わない情報」となっているということです。
少しづつ少しづつ、全ての旨みを吸い取った後で、
出し続けて行くのでしょう…

「日本に集積回路の情報をあげたよ。」と語っています。
あちらのこれ、こちらにそれ、
全て旨みを吸い取った後で〜ですね。





動画の管理者様は、このように語っています。
70年前ロズウェルに墜落したUFOは世界に革新的な衝撃を与えた。
回収され分析されたUFO・エイリアンには人類の理解を遥かに超えた異次元のテクノロジーが使われていた。 フィリップ・コーソ中佐、フィリップ・コーソ・ジュニア氏の証言映像はドクター・グリア率いるディスクロージャー・プロジェクトの記録映像です http://siriusdisclosure.com/

なるほど…
スティーブングリア博士のデスクロージャーの一環だそうです。
グリア博士に関しては、なぜこれほどのディスクロージャーができているのか?という疑問が起きてきますが、
コーリーグッドのような、内部の秘密宇宙同盟のメンバーの軍人が後ろにいる可能性があります。
それも、もう出しても構わない情報と、なりつつあるので、出てきているということです。
日本のスーパー公務員と呼ばれた男、高野誠鮮氏
CIAの戦略に基づいてメディアを駆使し、ローマ法王にアラン・デュカス、木村秋則にエルメスの書道家、そしてNASAの宇宙飛行士や総理大臣も味方につけて限界集落から脱却させた市役所職員。」
彼が、どこぞでグリア氏にあった時、
「その情報は出していけない」と言われた彼の後ろに軍人がいたと語っています。
「グリア氏は、米国の軍部と関わっている」と言います。
その意味も、コーリーグッドのおかげで解けました。
わかりますね?
コーリーグッドの情報をバカにせずに追って見てくださいね。




スポンサーサイト



気になる米国の行方・トランプ大統領のツイートから

2019.01.31.20:45

米国の行方、気になりますよね?
私だけではないと思います。
米国とメキシコ国境の壁を巡って、トランプ政権と民主党が争った状態が続いています。
おかげで、米国に移民をどんどん流入したいのは、民主党だった、というのは良くわかりました。
現在の米国民の気持ちとしては、やはり、移民を無制限に受け入れ続けたいとは思っていないようです。
何処かの誰かが、さらに移民の軍団を組ませて、送り込んでくるらしいです。
どうなることやら…

ーーーー

 1月29日

私が殆ど知らぬホワイトハウス平職員だったシムズが創作したくだらない本を書いた。彼は単なる使いっ走り。機密保持にも署名。めちゃくちゃな奴だ! 訳 (解説)「毒ヘビのチーム」を今日発売。トランプ陣営は機密保持違反で訴訟予定。彼は執筆に辺り出版社から1億円相当受け取ったとされる




 1月29日

(追記)民主党ブルメンタル議員が「トランプ大統領の長男のトランプ・ジュニアを再度議会に召喚し、(選挙中のロシア弁護士との面会について)議会尋問を公開で行うべきだ」と語った直後に、トランプ大統領はこれをツイートした。




「米国の経済は今、世界の中でも素晴らしいお手本だ。」イングラム・アングル、フォックスより 本当だ、他国は米国の足元にも及ばない! 訳




私が大統領になった時、シリアにおいてイスラム国は猛威を振るっていた。特にこの5週間、大きな進歩を遂げた。イスラム国はもう直ぐで破壊されるだろう。2年前には考えられなかったことだ。アフガニスタンでの18年間の戦争の後、(タリバンとの)交渉はうまくいっている。続く 



戦闘は続くが、アフガンの人々は恒久戦争でなく平和を求める。もうすぐで交渉の結果が分かる?北朝鮮との関係は最も良い。核実験は無く遺骨と捕虜が戻った。非核化の大きな可能性だ 訳 (解説)米国とタリバンは大筋合意。米軍撤退、タリバンはアルカイダ、イスラム国に国土を使用させない




続き。北朝鮮がどうなるかは時が語るだろう。しかし(オバマ)前政権の終わりでは、北朝鮮との関係はひどく、すごく悪い事(戦争)が起きる直前だった。今は、全くそれとは違う。私は、金正恩にもう直ぐ会うのを楽しみにしてる。前進し、大きな成果だ! 訳




もし国境について会議をしている共和党と民主党の委員会が、壁や鉄柵について論議や考慮をしてなければ、彼らは時間を浪費してるだけだ! 訳




「3つのキャラバン隊が国境に向かう。すごい数だ」フォックスより  訳 (解説)キャラバン隊は1万2千人に膨れ上がる。米国に不法入国し拘束されるのを目的。拘束されると子供は米国内の知り合いに送られ、大人は亡命を申請し裁判所の順番待ちで長年国内(後消え去る)滞在できる法の抜け道




危険なイランについて米国諜報員らはひどく受け身でナイーブだ。彼らは大間違いだ!私が大統領に就任した際、イランは中近東などで問題を起こしていた。そして危険と紛争の可能性の元ではあるが、イランとの核協定から脱退したので、状況が大きく変わったのだ。続く  訳




続き。彼らは先週ミサイルのテスト等を行い、危険なところまで来ている。イラン経済は崩壊し、それが唯一彼らの動きを抑制している。イランに気をつけよ。諜報員は学校に戻って勉強せよ! 訳 (解説)コーツ国家情報長官の上院諜報委員会で「イランは核弾頭を開発していない」との発言に呼応




今日、ベネズエラのフアン・グアイド暫定大統領に、彼の歴史的な大統領就任のお祝いと、米国の民主主義のために戦う支援の強化の話をした。続く。 訳




続き。マドゥローへの大きな反対デモがベネズエラ全土で起きている。自由のための戦いが始まったのだ! 訳




^^^^^^^


以上





何と!「Q」が「光の勝利宣言」をしていたそうだ!わお!

2019.01.30.21:41



米国では一体、何が起きているのでしょうかね。
米国にはネイティブの友人が数人いるので、良い方向へ行っていただくことが、私の願いでもあります。




北アメリカに寒波到来で、「マイナス三十度、四十三度のエリアも」体感温度はマイナス50度で、コートが店から盗まれているという。

2019.01.30.21:27

北米に数十年来の寒波到来 体感温度マイナス50℃も


20190130-00112994-roupeiro-000-11-view.jpg 

米国では、信じられないほどの寒波が到来しているようです。
以下、トランプ大統領のツイートです。
美しきアメリカでは、体感温度がマイナス50℃とかつて経験したことのないような寒さとなっている。その後もさらに気温は下がるそうだ。人々は少しの間も外には出てはいられない。一体温暖化はどうなっているんだ!早く戻ってきてくれ、我々は温暖化が必要だ

これに対し、アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、温まった海水温が厳しい冬の天候をもたらしているのだと、マンガを用いて大統領に応戦しています。

寒さで非常事態宣言、犯罪も

このようにツイッター上では熱い火花が散っていますが、現在アメリカやカナダは数十年来といわれる大寒波に見舞われています。

非常事態宣言も発令され、企業、学校、政府機関が閉鎖、また多くの航空便もキャンセルとなっているようです。さらに人気高級ブランド「カナダグース(Canada Goose)」のコートを身につけている人々が相次いでコートを盗まれるなど、寒さによる犯罪も起きています。

数十年来の寒さ

実際、どれほど寒いのでしょうか。

平年の気温を10℃から20℃ちかく下回るような寒さとなっています。例えば26日(土)にはウィスコンシン州マディソンで-30℃まで下がり、23年ぶりに低い気温を観測、27日(日)にはミネソタ州インターナショナルフォールズで-43℃まで下がって史上5番目に低い気温を記録しました。

寒さの原因と今後

この寒さの原因は「極渦 (Polar vortex)」に伴う寒気です。

北極上空の寒気を伴う気流の渦が、カナダやアメリカ北東部に南下しているために大寒波が襲っているのです。この寒気は31日(木)頃にかけて居座る見込みで、あと数日間は極寒の状態が続く見込みです。

の状態が続く見込みです。


20190130-00112994-roupeiro-001-11-view.png 



体感温度・ウィンドチル

低温に加え強風が吹いているために、体感温度が-50℃以下に達しているところがあります。

青く塗られた部分が29日にウィンドチル警報・注意報の出ている場所 (出典元: NOAA)
青く塗られた部分が29日にウィンドチル警報・注意報の出ている場所 (出典元: NOAA)

アメリカでは冬の間、気温と風速から計算した「ウィンドチル(windchill)」という体感温度の指標が用いられることがあります。

この指標によると、例えば30日(水)日中にはノースダコタ州ファーゴで-50℃、シカゴで-45℃となる見込みです。これは数分間で凍傷が起こるほどの寒さです。シカゴの体感温度の最低記録は、1983年クリスマスイブに観測された-50℃(※)ですから、この記録に近づくほどの寒さとなるおそれが出ています。

※2001年にウィンドチルの計算式が改定され、その式で再計算した値。実際の気温は-30℃、風速13m

^^^^^^^^^


以上転機終了


相当な震え上がるような、まともに外を歩けないような、寒さだと思います。

先週でしたか、札幌も寒波で、マイナス12.8度になりましたが、寒すぎて痛い感じです。

車から店のドアまで、走らずには要られません。

ゆったりと歩いてなど要られません。

もっと寒くなる可能性があるのですね。

体を鍛えないといけないかも…



ばれているのか?米国による韓国のかいらいどもの国防白書

2019.01.30.11:15


こちらの記事の続きです。↓かいらいどもの国防白書→


ここで語られていることの意味を、市民でもちょっと考えてみれば、

いま、騒いでいるあんなことやこんなことが、

我々にとって意味のないことだと理解できる、かも、しれません。


北朝鮮が韓国を、「かいらいどもの国防白書」と呼んだ記事について、見つけられたので、それを記載いたします。


^^^^


昨年の南北首脳会談後も韓国を「かいらい」呼ばわりする北朝鮮

昨年4月27日に板門店で南北首脳会談が開催された後も、北朝鮮は内部向けに韓国政府を「かいらい」と呼んでいたことが15日までに分かった。

本紙が入手した朝鮮労働党の内部向け機関紙「勤労者」の2018年5月号には「かいらいどもが米国の主人から排斥されていることについて」という見出しの記事が掲載されていた。これを書いたのは金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)主義青年同盟中央委員会のチャン・ハンチョル局長。記事は序文で「米帝が南朝鮮を占領している限り、誰が政権の座にいても南朝鮮に対する米帝の植民地統治において変わることは何もない」とする故・金正日総書記の言葉を引用した。記事は「今日、世界には200余りの国があるようだが、南朝鮮のような米国の植民地はない」「南朝鮮政権は米国の植民地支配実現のために働く『かいらい政権』だ」などと主張した。

記事は昨年、駐韓米国大使が1年以上にわたり空席状態にあったことを取り上げ「外交的にはトランプという主人に無視されている」と指摘した。さらにその一方で「(2017年に)トランプが東アジアを訪問した際、かいらい政府はその滞在日程を日本や中国と同じにするよう祈るように求めたが、トランプは日本と中国には2泊3日滞在したが、かいらいどもでは1泊2日とする差別を行った」と伝えた。


「勤労者」は「かいらいどもが航空情報団を新たに立ち上げたことについて」という見出しの別の記事で、韓国空軍を「かいらい空軍」、韓国メディアを「かいらいメディア」と表現した。昨年1月の南北高官級協議以降、4月の南北首脳会談など南北和解ムードが続いたが、この機関紙はそのような状況で発行されていた。韓国の国立シンクタンクのある関係者は「韓国を対等な交渉相手ではなく、対米交渉の仲介、制裁の解除、南北経済協力を通じた外貨稼ぎなどの手段と認識していることが分かる」「北朝鮮の二重性がはっきり示されている」などとコメントした。
http://www.chosunonline.com/

傀儡(かいらい)とは、あやつり人形。くぐつ。でく。 自分の意志や主義を表さず、他人の言いなりに動いて利用されている者。でくの坊をいう。 北朝鮮の思惑は韓国を取り込むことにあるわけで、そもそも政治的折り合いが今でさえ合わないわけで、統一など出来るわけも無い。同じことを韓国も考えているわけで、思惑統一となり、北朝鮮はロシア・中国に寄り添い、韓国は米国からも突き放された状態であるから、貧困ではあるが、北朝鮮の思惑で進んでいるともいえる。

だが、非核化など現実は無理だろう。さらに言えば、約束を守らない国同士が統一したところで、もめるだけである。それこそ歴史が物語る。国が分裂してはくっついてまた分かれる。そして今日至ることを考えれば、所詮無理なことである。
^^^^^^

かいらいどもの国防白書・インペリアルアイズ

2019.01.30.10:43

インペリアルアイズ様からのメルマガが面白く、他の情報ともすり合わせられる内容だったので、転記してみました。


^^^^^


かいらいどもの国防白書


こんばんは。
リアルインサイト 中森です。

朝鮮半島関連ニュースのチェックをしていたところ、
ハンギョレと朝鮮日報のトップ記事が面白かったので、
シェアさせてください。

まずはハンギョレ。

韓国国防白書、「北朝鮮は敵」抜いて「平和構築」入れた
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32568.html

朝鮮戦争は「休戦中」であるはずなのに、
文在寅政府が初めて出した国防白書では、
戦の決着がついたかのように錯覚します。

次に朝鮮日報。

昨年の南北首脳会談後も韓国を「かいらい」呼ばわりする北朝鮮
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/16/2019011680055.html

誠に不謹慎ではございますが、

「かいらいどもが米国の主人から排斥されていることについて」
という見出しが存在すること自体に吹き出してしまいました。

何はともあれ、両記事を合わせて見出しをつけるとすると、
「かいらいどもの国防白書」といったところでしょうか。

今後の朝鮮半島情勢を洞察するにあたり、
落合先生は韓国軍のガス抜きの必要はないというご意見でしたが、
「かいらいどもの国防白書」の記事を読むだけでも納得ですね。

傀儡であるがゆえに、たまるガスもないということです。

中略


それでは、また。

これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。

リアルインサイト 中森護


^^^^^^


以上抜粋転記


ということで、

韓国は、かいらいどもの国防白書であり、かいらいであるがゆえに、

たまるガスもない、ということです。

もう、

興味ないね…


リアルインサイト様に興味がおありになる方には、こちらから


[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所]  〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com

(●を@に変えてください)


ということです。


わたくしは会員になっていませんし、こちらが皇族系統の情報をつたえているということ以外、よくわかっていません。

メルマガに登録して、興味深いと思った内容を、時々、皆様にご紹介しているだけなので、その点ご理解ください。

一応転記させていただいたので、礼儀として、宣伝をした、ということです。


^^^^^



ついでに、このインペリアルアイズ様が、なにを根拠としてこのような情報を発信しているのか、という説明があったので、転記いたします。

内容の真偽は不明。

この情報源がそのように伝えているということです。


「草創と守文と孰(いず)れが難き」

『貞観政要』に由来する有名な一節です。

現代社会風に訳すと、「創業と、事業の維持・成長と、どちらが難しいのであろうか」となるのでしょう。

実に含蓄のある深淵な「問い」です。しかしながら、「問い」に感心するだけなら誰でもできます。最も大事なことは、その「答え」です。

果たして、あなたは答えられるでしょうか。

長く続く大企業ほど創業者を讃えることが多いですが、なくなってしまった企業の中には、2代目の御曹司が経営を悪化させて倒産に追い込んだというエピソードもよく聞きます。

そうすると、長く続いた大企業の歴代経営者で、本当に一番偉かったのは、創業者ではなく2代目以降であると考えることもできます。

いやいや、やっぱり0から1を生んだ方が、、、野球で例えるなら、中継ぎより先発の方が年俸いいような、、、しかし、中継ぎと抑えがあってこそ、、、一度考えだすと、無限ループに陥る方もいらっしゃるでしょう。難しいですね、、、。

ただ、このままうやむやで終わらせるのもナンセンスですから、きっちりと折り目をつけましょう。答えは、、、「両方難しい」、でいかがでしょうか。

「全くもって問いに対する答えになっていないではないか」と突っ込まれるかもしれませんが、もう少しだけお付き合いください。

ここで、イレギュラーではありますが、「問い」の解釈を次のように変えてみましょう。


「創業と、事業の維持・成長と、どちらが得意であろうか」

このように解釈すればいかがでしょうか。あとは、文頭に主語を加えれば、答えは出てくると思います。

起業時だけに限らず、プロジェクトをつくることが得意な人、それを成長させることが得意な人、逆に清算することが得意な人。いろんな人がいますし、それぞれが重要な役割です。

それは、日本の国家経営も同じです。

日本という国家もフワッと始まったわけでなく、誰かが創業して、誰かが維持・成長させてきたからこそ、現に存在するわけです。

誰が日本を創業、つまり、建国したかというと、ご存知のとおり神武天皇。神武東遷より日本国家の創業が始まり、どこかで中継ぎ陣に日本の経営を任せたことになります。

それでは、中継ぎ陣とは誰か。

第2代綏靖天皇でしょうか。それとも、第10代崇神天皇でしょうか。ミクロな視点で見れば確かにそうかもしれません。ただし、神武天皇と血を同じくする高貴な人々の得意分野と役割は変わりません。

逆に言うと、「皇統にない族種(皇統と得意分野が異なる遺伝子)」でなければ、日本を維持・成長させるための中継ぎ陣を任せることができないということです。

それでは、「皇統にない族種」とは何か、、、先に結論だけ申し上げます。

日本で武家政権を始めた源氏です

源氏は皇統の流れでは?
いやいや、武家政権の起こりは平家では??
ちょっと待って、中継ぎまで時間がかかり過ぎでは???

様々な疑問があることでしょう。その疑問はいずれも、「皇統にない族種」の意味が分かればすべて分かりますが、その答えも、このまま読み進めれば自ずと出てきます。

とにかく、武士こそが事業の維持・成長を得意とし、皇統から日本経営の中継ぎを任せるに足りると判断されたということが重要です。一方、創業者である皇族は会長となったり、裏に回ってフィクサーとなったりしました。


^^^


それでは、「ワンワールド史観とは何か」、「なぜユダヤ陰謀論が生まれるのか」について、ご説明いたします。

ワンワールド史観とは、「メソポタミアを起点とするウバイド人の文明」「上エジプトを起点とするタカス族の文明」の二つの文明派が東西へ拡散し、波動的に相互に干渉することで全世界(ワンワールド)の人類史を織りなしてきたと考える歴史観です。

つまり、メソポタミアとエジプトの二大文明をひとつのワンワールド文明として総合的に人類史を俯瞰することになります。

また、ワンワールド史観では、この世界は3つの不可分要素によって構成されていると考えています。

それらを、


「國體」 「政体」 「寄生体」

と呼んでいます。それでは、簡単にご説明します。

「國體」とは、各地の地域社会が固有するそれぞれの社会と国家の「在るべき形」およびその理念のことであって、日本の皇道史観にみられる「天皇を中心とする日本の国の歴史を称揚する歴史観」とは概念を異にします。

また、國體を構成する人類の族種は、ウバイド人であると考えています。ウバイド人の文明の特徴は、世界各地の河口付近における砂金収集・蓄積、それによる黄金ファンドの構築。そして、非物質的な情報(精神)文明にあります。黄金ファンドを持つがゆえに絶対的な与信主体として、世界全体(ワンワールド)の経済システムを調整しています。

一方、黄金ファンドの存在を隠匿する必要があることから謀略(知恵)に優れ、世界秘密勢力として、はるか古代から隠然と存在し続けています。

「政体」とは、各国および各地域の政治体制および政治機構のことです。一般的な政府と同義です。

また、政体を構成する人類の族種は、タカス族であると考えています。タカス族の文明の特徴は、終末再生思想に端を発するミイラ造り技術にあります。ミイラ造りの専門職人はタカスと呼ばれ、彼らは高度な外科術、麻酔術、防腐術を持っていました。その技術の修練により、総合的技術としての科学技術の発達を促進しました。

元来、ミイラ造りであったタカスは、世界史の進行とともに、高度な技術、実行力、戦闘力を備え東西へ拡散しました。その過程で、職能を意にする異民族と合流しつつタカス族を形成し、世界全体(ワンワールド)の各地で政体・傭兵・技能民を担うようになります。

「寄生体」とは、國體と政体に寄生する勢力です。拝金主義的な性格を持つことから、
宿主のファンド運用に携わることで利ざやを稼ぐことを目的としています。その名のとおり寄生することが生業ですから、決して宿主を殺すことはしません。

また、寄生体を構成する人類の族種は、ユダヤ人(教徒)であると考えています。ユダヤ人はバビロン捕囚以来、金融技術を身につけることで、自ら国家をつくらず各国に寄生して生きることを選びます。

一方、一般的な陰謀論では、「世界秘密結社が大衆の富を収奪している」とされています。つまり、金融技術を駆使し、利ざやを稼ぐことを生業としているユダヤ人が陰謀論の標的となってしまいます。これが、ユダヤ陰謀論が生まれる要因となっています。

しかし、多くのユダヤ人は寄生体として生きています。自らが陰謀論の汚名と被ろうと宿主を生かし続けることを優先します。したがって、ここにユダヤ陰謀論は放置され、

國體・政体・寄生体の共存・共栄関係

が生まれます。

いかがでしょうか。ワンワールド史観の概要をイメージできますでしょうか。ここまで、述べてきたことを図示すると下図のようになります。


ワンワールド史観

これが、ワンワールド史観です。

あらゆる事件や出来事の裏では、黄金ファンドが動いているのですが、表向きは寄生体だけが動いているため、どれだけ資金源を追って洞察しても、寄生体だけしか見えてきません。

したがって、あらゆる事件や出来事がユダヤの策謀であると錯覚してしまい、彼らが世界を牛耳っているというユダヤ陰謀論が受け入れられやすくなってしまいます。

一般的な洞察の手法は”follow the money”ですが、すでにご説明したとおり限界があります。しかし、あらゆるインターネットメディアが”follow the money”を基本として情報を発信しています。

既存のインターネットメディアだけを情報源にしていては、世界の真実を洞察することは不可能に近いでしょう。世界の真実を明確に浮かび上がらせるには、ワンワールド史観で物事を考える以外、他はありません。

しかも、ウバイド人を絶対的な与信主体とならしめる要素は黄金ファンドだけではありません。

●経済的信用財としての「金地金」

●生命的信用財としての「罌粟(ケシ)」

●人的信用財としての「戸籍」

ウバイド文明はこの三要素を基軸とします。そして、

この三要素を統括する存在こそが日本皇統です。

ゆえに、ワンワールド史観とは日本皇統のみに口伝伝承で受け継がれる帝王学を解き明かすことによって、世界の真実を洞察するという史観です。

日本皇統はなぜ連綿と続いてきたのか。世界中、誰しもが認める世界最古の王室。
日本皇統に触れずして日本のみならず、世界の歴史を理解することは絶対にできません。

しかし、日本皇統に伝わる秘史はすべて口伝伝承。
知らなければ真実にたどり着くことはできないのに、通常のルートでは情報を手に入れることは不可能。

この難問を解決するためだけに生まれた世界唯一のメディアが「インペリアル・アイズ」です。



^^^^^^ 以上ここまで転記 ということです。 興味をそそりますねえ。 でも、日本が一番のようなような雰囲気を漂わせると、他国から嫌われます。 しかし、他国と深く結びついているということです。 日本皇統と言っても、国籍は日本ではないかもしれない人たちがたくさんいるのかも… 私は会員にはなりません。 なっても配信される情報が理解できないからです。 興味がある月のみ、単独で、申し込みが出来ればいいのですが…

トランプ大統領もまた闇に包まれているという説

2019.01.29.22:20

トランプはヒラリーと同じ、トランプ革命、Qanonというのは馬鹿げた陰謀論という説。→



これが正しいのか正しくないのかはわかりません。
反対の意見も見ていかないと、足をすくわれます。
トランプ氏の愛国的な言動を信じたいです。





米国の政府封鎖の意味とは・米国の破綻は避けられない、そこで通過リセットになる

2019.01.29.21:02


この説明やはり、明解だと思います。

世界で米ドルを決済にされなくなって、いくら米ドルを刷っても、それで支払が出来なくなった。


^^^^^^^

アメリカが何故政府の閉鎖が起こっているのか。その原因を知らない人が多い。→

https://open.mixi.jp/user/20653861/diary/1970169600

アメリカが一か月以上政府機関が閉鎖している。 
とりあえず2月15日までの暫定予算を承認してあたかも解決したように思うのは大間違いだ。解決どころか泥沼にはまっている。 
政府機関の閉鎖は予算がないからで、かといって予算を決めることは実際は不可能な状態なのです。 
アメリカは1京円近い国債の借金を抱えており、もうこれ以上借金の国債を発行することはできない。現状は税収などの収入に対して支出は国債の償還と利払いで使い果たしてしまう状態。そのために予算はゼロになってしまうのである。もう身動きができない状態。それで予算は絶対に組めないのです。暫定予算といういい加減なものでやりくりしているのである。だから必ず破綻が来ることは間違いないのです。 

それをトランプ大統領が国境の壁の予算を止めないから予算が通らないと思ったら大間違いだ。もともと予算は組めないのである。 
ならばトランプ大統領はどう考えているのか。 
アメリカの破綻は絶対に避けられない。死なば諸共ではないが、アメリカの破綻の影響を少しでも小さくするために、世界的に通貨のリセットを行う。それがGESARAなのです。世界中の借金を一度リセットして最初からやり直すのである。 

今その道を進んでいる。 
GESARAは間違いなく間もなく実施される。 
通貨のリセットもj早ければ今日中に通達されるであろう。 
このGESARAを実施しなければアメリカは永遠に閉鎖されて無くなってしまう。その後は各州が独立するしかない。 

GESARAの第一歩は円やドルやユーロのユダヤのお金は無くなる。政府ではない第三者のお金を使っていたからこのようになってしまったのである。そのお金をどうするかは、今ダボス会議で話し合っている最中です。このままではまず中央銀行は無くなるでしょう。 

新通貨に対して何も準備していない日本政府。今後如何するのか。 
アメリカの国債踏み倒しで、国家予算以上の損害を受ける日本政府。今後どうなるのか。
これでは日本政府は害あって益なしとなってしまった。 
早く安倍政権は全員処罰されて、新政権を樹立するしかないだろう。そんな危機に今直面しているのに、何も知らせないマスコミにも極刑を言い渡す必要があるだろう。 

国家の破綻とはこんなものかもしれない。 
「日本は破綻する」「そんなバカな」ではない。必ず破綻する。年内に。愚かな首相を持ったことを後悔するしかないだろう。 
国会議員とはやりたい人がやるものでは無い。やるべき人がやるものだ。 

更に安倍氏、小泉氏をはじめ今の自民党の国会議員のほとんどは北朝鮮と韓国からの帰化人だ。もともとの日本人が国会議員にほとんどいない。相撲界どころではない。 
そこに問題があるのだと思う。総選挙で選びなおすしかないだろう。


^^^^^^^^


以上転記終了


なぜ、日本人ではなく、もともと半島から来たものたちが政治家であるのかは、さておき…
今は、日本国籍を持って動いていますので、
何かの陰謀というよりも、
日本人が政治の表に立たずに隠れているように見えます…


^^^^^




イギリスがEU離脱すると何が起こるのだろうか?株と政治から見る。

2019.01.29.14:07

イギリスのEU離脱の裏話と、2ヶ月後に世界同時株安が起こる!? 合意なき離脱がリーマンショック級の最悪のシナリオになる理由 ブレグジットとドイツ銀行破綻とCDS アイルランド国境問題→

^^^^^
こちらは、米軍や財界エリートが読む記事だそうです。
おばちゃんにはわかりませんが…

^^^^^^^^^

もう一つ、安倍政権が景気をあげたのではなく、景気を偽装したという話です。

安倍自民党がだめだったことは、移民と水道法種子法で私にも、去年の秋にわかりましたが、もう、支持する人は…


^^^^^^^


田中宇氏はこのように解説しています。

英国のEU離脱という国家自滅
 【2019年1月28日】 戦後の冷戦は、英国の諜報界が米国に入り込んで米国の世界戦略をねじ曲げ続けた。2001年からのテロ戦争は、イスラエルの諜報界が米国に入り込んで米国の世界戦略をねじ曲げ、これに対抗して米国の諜報界の一部(ネオコンやトランプ)が親イスラエルのふりをしてテロ戦争を失敗させ、主導権を米国側に奪還した。これらと同様、英国がEU離脱で自滅しているのは、米国の諜報界が英国に入り込んで英国の戦略をねじ曲げている策略だと理解できる。英国を自滅させ、トランプによる世界多極化の動きを英国が邪魔できないようにしていると考えられる。



コーリーグッドが「青い球体・スフィアビーイングのオーブが人々の前にあらわれているという話をする

2019.01.29.13:20

(いろいろな方がこれらの高次元からの訪問の話を伝えられていますが、まんざらやらせとか工作ではないと言えます。なぜなら、私自身が見て、写真を撮ったからです。もっとも…何かメッセージを受信したりとかコンタクトするようなことはなく、単にFUO写真家として拡散をするように意図されているだけのようですが。
その写真は、このブログ内の、未確認飛行物体目撃❣のカテゴリーで紹介しています。一応写真のみ、こちらに掲載します。場所は支笏湖です。
PAP_0033.jpg PAP_00331.png
この写真について、少し話をすると、支笏湖へドライブに行き、車を止めて湖を眺めていました。
すると上の写真でみていただくとわかると思いますが。雲の一部が光って見えるのに気が付きました。
そこに何かあるのかとも、そこは雲のちょうど切れ目で裏側から太陽の光が漏れて、光って見えるのかもしれないと考えました。
とりあえず、撮影しておこうと、写真を撮りました。
この間、それは動いていませんでした。
もちろん、メッセージなどはなく、単に雲のところがピカピカ光っていただけです。
帰って写した写真をアップして驚きました。
雲に切れ目があって、裏から太陽の光が漏れていたのではないということがすぐにわかります。
ここに、青い色の、どうみても非物質的な、オーブのような、それも、遠くからでこのように見えるということは、近くで見ると結構大きなものではないか?と思えました。
なんとなく、
これが、
コーリーの言う、
スフィアビーイングの青いオーブのように、
思えてきます。
無論、まったく何であるかわかりません…
現在、いろいろな人々の前に姿を見せているということで、力づけられます。
そうであれば、これは、それである!ということになりますから、正体がわかった、ということになります。
そしてそれが、不穏なものではない、と安心するこが出来ます。
もう一つ言うと、私は生まれてからこのかた、オーブなどというものを見たことはございません。これが初めてです。)

^^^^^^^^^^^


https://solesoleil.exblog.jp/25353400/

コーリー・グッド:青い球体がそういった人達の元を訪れているのは、目覚め体験の一部としてなんです 


記事の内容は、リンク先へ飛んでご覧ください。

引き続き、コーリーグッド関連の情報は重要だと言えると思います。


^^^^^

https://solesoleil.exblog.jp/25353400/

DW: ネット上ではあなたの経緯とまったく同じ事が起きているという人が大勢出てきています。あなたと同じコンタクトを受けていると。そして自分達のことを権威のある人物に見せようとし、彼らの情報も同等に扱われるべきだと言っています。コンタクトを受けているとは、だいたいどのような形なんでしょう?こういう人たちのほとんどが偽物のような気がしますから。あなたが聞いている情報とは符号しませんし。コンタクトを受けるというのはどんな手段を通してなんでしょう?どんな事が身に起きるのですか?

CG: 大抵の人が青いオーブのコンタクトをうけていますね。青いオーブはスフィア・ビーイング・アライアンスの最高密度なんです。ブルー・エイビアンズよりも密度が高いのですが、どうも人々は何か-- ブルー・エイビアンズが、何だかロマンティックなんでしょうね。人々は釘づけになっていますから。ただ、大抵は青い球体の経験をしています。

DW: どんな事が起きるのですか?具体的に何が起きるのでしょう?

CG: 通常は青い球体が一つもしくは複数現れ、飛び回ったり目の前で止まって拍動したりします。そして意識に残るメッセージを受け取る場合もあれば、すごいものを見たとだけ思って潜在意識でメッセージを受け取っても理解していなかったり。ハイヤーセルフがメッセージを受け取ることもあります。将来的な理由があって、高次密度の存在からメッセージを受け取るんです。

DW: 驚きですね。個人的に話した内容ですが、記録に残しましょう。私自身の情報公開にもなりますし、一人舞台のようにもなりますが、とても意味があることなので。私は「ONEの法則」や「セス」のシリーズを読みました。私の思うところでは、カーラ・ルカートやジェーン・ロバーツは現代の最高のチャネラーで-- 二人とも青い球体の訪問を受けたと本に書いてありました。それを読んで、私はフラストレーションを感じたのです。どうして私のところには来てくれないんだろう?と。なぜなら「ONEの法則」では、テレパシーでコンタクトしようとしてくるとあったのです。そして避けられるものなら、直接対面のコンタクトはしない方が彼らにとって良いのだとありました。

そしてある日、私は友人を訪ねてノース・カロライナにいました。野原で瞑想していました。初めてUFOを見ました。雲に隠れます。雲が消えると、UFOはいません。でも私は瞑想していましたから。UFOを見た。大したことだ。あと唯一私が望むのは-- これを祈りとして言葉にしていました-- あと唯一起きてほしいのにまだ起きていなかったこと、それは光のオーブが私の部屋に現れ、カーラやジェーン・ロバーツに起きたように私にも知的なメッセージをもたらしてほしいと。その後、2〜3日後に父に電話をすると、私の兄(もしくは弟)が同時に電話をしていたところでキャッチ・フォンで父が電話に出ました。そこで父は三者通話に切り替えました。私は言ったんです。お父さん、これシンクロだね、わかる?と。父はあっ、そうだ。と言いました。私がUFOを見たと話した後、兄は不思議だな。僕にも変な事が起きたんだよ、と言いました。私がどんな事?と尋ねると、部屋に光のオーブが現れて、知的なメッセージを受け取ったんだよと。彼の場合、瞑想していたら頭が後ろに倒れて、すると天井付近にオーブが現れるのが見えた。それが4〜5フィート(1.2〜1.5メートル)に広がり、ヴォルテックスのトンネルのようだったと。それは彼の部屋の天井に出来たスターゲイトで拍動していたそうです。

プロフィール

kitako

Author:kitako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR