FC2ブログ

スノーデンは売国奴・QはNSA‥

2019.05.31.18:29

米国のトランプ大統領支持者、Q軍団に唯一日本人として参加の「eri」さんのツイッターです。

10時間前

スノーデン信者は読むべし。 奴はCIA工作員。 子犬を食べる試験に合格したサイコパスだもんね。

中国カバールとヒラリーら欧米カバールが手を組んで、世界の富の強奪と人類の管理・統制を進めているようです。そのための工作にスノーデンも関わっていたと。↓ は、スノーデンに降参するように呼びかけてる時のQです。

映画によって 'NSAが全てを盗聴する悪だ' というキャンペーンをしたのです。CIAからNSAに転職したスノーデンは、実はそう見せかけてずっとCIAの為に働いてました。Qはスノーデンに司法取引して降参するようアドバイスしましたが、彼は応じませんでした


D72hoP6VUAAlTo4.jpg

https://twitter.com/okabaeri9111


^^^^

ということだそうです‥

こちらもどうぞ。
Qアノンがやっていること・善と悪の戦い?!→

ツイッターのeriさんは、日本人唯一の「米Q情報軍特殊部隊」のメンバーだそうです。
そして、Qとは、NSAであると言っています。
彼女をなんらかの形でフォローしたり、繋がったり、逆に攻撃したりすると、全てNSAに筒抜けるようです。
つまり、私のこともきっと筒抜けテルと、承知して先へ行きます。

 信じられないことですが現在、テレビが決して伝えない、善vs悪の世界大戦が進行中なのです。」
と言っています。
本当でしょうか?

なんだか、すごいことになってきています。
私たちは、とりあえず、鵜呑みにするのではなく、
目を開けて、しっかりと見ていくことです。
これから、
日本のお掃除も始まるようです‥


スポンサーサイト



中国は米国との戦争で3つの切り札を持つ

2019.05.29.22:49

Global Times: China Holds Three Trump Cards In War Against US


グローバルタイムズ:中国は米国との戦争で3つの切り札を持っています

Amid the escalating economic war between the US and China, discussions have intensified on how Beijing might stand up to the economic power of America, especially given that the global economy is increasingly dependent on the US dollar as the main currency for international trade, and the closing of US markets could do some serious damage to China’s export-oriented companies. China’s main foreign-policy publication, the Global Times, points to three trump cards that Beijing could use to at least level the playing field in its fight with the Trump administration and cause appreciable harm to the US economy, possibly forcing its opponent to temporarily scale back its ambitions.

According to an article in the Global Times by a professor at the Renmin University of China, the three trump cards are:


日米間の増大する経済戦争の中で、特に世界経済が国際貿易の主通貨として米ドルへの依存度を高めていることを考えると、米国の経済力に北京がどう立ち向かうかについての議論が激化している。 米国市場の閉鎖は、中国の輸出志向型企業に深刻な損害を与える可能性があります。 中国の主要な外交政策出版物であるグローバルタイムズは、トランプ政権との闘いにおいて北京が少なくとも競技場を平準化し、米国経済にかなりの損害を与え、おそらく相手方を一時的に拡大させる3つの切り札を指摘している。 その野心を取り戻す


中国人民大学の教授によるGlobal Timesの記事によると、3つの切り札は次のとおりです。


1) banning the export of rare earths to the US;

2) blocking US companies’ access to Chinese markets; and

3) using China’s portfolio of US Treasury bonds to bring down the US government debt market.

Each of these trump cards are worth looking at in detail, both in terms of their impact on the US economy and also in terms of any possible retaliation from the US and the repercussions for the global economy as a whole.

Banning the export of rare earths to the US would actually be a pretty serious blow for US electronics manufacturers and, indeed, US high-tech manufacturers generally. This is because rare earths are a key raw material for the production of smartphones, various chips, and other high-value-added products that are the biggest cash cows of US companies such as Apple and Boeing.


1)米国への希土類の輸出を禁止する。


2)米国企業の中国市場へのアクセスを阻止する。 そして


3)米国の国債市場を縮小するために、中国の米国債のポートフォリオを使用する。


これらの切り札のそれぞれは、米国経済への影響の観点からも、また米国からのあらゆる報復および世界経済全体への波及の観点からも、詳細に検討する価値があります。


米国への希土類の輸出を禁止することは、実際には米国の電子機器製造業者にとって、そして実際、米国のハイテク製造業者にとってはかなり深刻な打撃となるでしょう。 これは、スマートフォン、さまざまなチップ、およびAppleやBoeingなどの米国企業の最大の現金牛であるその他の高付加価値製品の製造にとって、希土類が重要な原料であるためです。


Reuters, an agency one could hardly accuse of sympathising with Beijing, reports: “The United States has again decided not to impose tariffs on rare earths and other critical minerals from China, underscoring its reliance on the Asian nation for a group of materials used in everything from consumer electronics to military equipment.”

China does not exactly have a monopoly on such materials, but the market would definitely be in short supply without Chinese exports, with all the price implications that would bring. Moreover, it is likely that some deficit positions will be impossible to close no matter how much money is involved.

Not everything is that simple, however. Should such a ban be introduced, then Beijing will encounter certain technical difficulties. If sanctions are only imposed on US companies, then they will still be able to purchase the necessary materials through Japanese or European straw buyers, making the embargo pointless. But if China imposes a total export ban, then it won’t just be US companies that suffer but European ones as well, leading to EU reprisals against Chinese exporters to Europe. This would be very painful for China, especially given the economic war with the US that is making access to European markets invaluable to the Chinese economy.

It appears that a ban on rare earth exports is a powerful weapon, but its use will require the utmost delicacy and serious diplomatic efforts to avoid any extremely unpleasant side effects.


「米国は中国からの希土類およびその他の重要な鉱物に関税を課さないことを再度決定し、アジア諸国で使用されている材料のグループがアジア諸国に依存していることを強調した。家電から軍用機器まで、すべて。


中国はそのような材料を正確に独占しているわけではないが、市場は中国の輸出がなければ間違いなく不足しているだろう。さらに、いくらの資金が関係していても、いくつかの赤字ポジションは決済できない可能性があります。


しかし、すべてがそれほど単純なわけではありません。そのような禁止が導入されるべきであるならば、それから北京はある技術的困難に遭遇するでしょう。制裁措置が米国の企業にのみ課されている場合でも、日本やヨーロッパのわらの買い手を通じて必要な資材を購入することは可能であり、禁輸措置は無意味です。しかし、中国が完全輸出禁止を課すのであれば、それは苦しんでいる米国企業だけでなくヨーロッパの企業も同様に勝ちではない、それはヨーロッパへの中国の輸出業者に対するEUの報復につながる。特に中国経済にとって非常に貴重なヨーロッパ市場へのアクセスを作っている米国との経済戦争を考えると、これは中国にとって非常に痛いでしょう。


希土類輸出の禁止は強力な武器ですが、その使用には極度に不快な副作用を避けるために最大限の繊細さと深刻な外交努力が必要となるでしょう。


The second trump card mentioned by the Global Times is blocking US companies’ access to the fast-growing and extensive Chinese market. This should be looked at from a political, rather than economic, point of view (although the latter may seem logical). The aim of such restrictive measures is not to inflict unacceptable damage on the US economy, but to make the full might of America’s corporate lobbying machine work against Donald Trump and support his political opponents.

According to the S&P Dow Jones Indices, Asia only accounts for around 14 per cent of the sales of S&P 500 companies. If we assume that China makes up the majority of this, then not even a complete closure of the Chinese markets would be a disaster. There are a few important details, however.

  • First, China is the only (and final) market for sales growth for many US companies. So if China closes, the graphs at business presentations won’t be showing any kind of growth.

  • Second, China plays a key role in many production chains that end with sales in the US and other markets. A loss of access to Chinese production would therefore severely damage the competitiveness of American companies on the world (and even on the US) market, especially if their European and Japanese competitors retain complete access to China’s production facilities.


    Global Timesが言及した2番目の切り札は、急成長している中国市場への米国企業のアクセスを阻止しています。これは経済的な観点よりも政治的な観点から見られるべきです(後者は論理的に見えるかもしれませんが)。そのような制限的措置の目的は、米国経済に容認できないほどの損害を与えることではなく、米国の企業のロビー活動機械の全力をドナルド・トランプに対して行い、彼の政治的反対者を支援することです。


    S&Pダウジョーンズ指数によると、アジアはS&P 500企業の売上高の約14パーセントを占めるにすぎません。中国がこの大部分を占めていると仮定すると、中国市場が完全に閉鎖されていなくても大惨事となるでしょう。ただし、重要な点がいくつかあります。


    第一に、中国は多くの米国企業にとって唯一の(そして最後の)売上高成長率の市場です。ですから、中国が閉幕したとしても、ビジネスプレゼンテーションのグラフにはいかなる成長も見られません。


    第二に、中国は米国や他の市場での販売で終わる多くの生産チェーンにおいて重要な役割を果たしています。そのため、中国の生産へのアクセスの喪失は、特にヨーロッパと日本の競合他社が中国の生産施設への完全なアクセスを維持している場合、アメリカ企業の世界(そしてアメリカでさえ)市場での競争力を著しく損なうことになります。

    As a result, the profits of US companies and the future of the American stock market (which is a key political barometer given that many Americans have invested their savings in shares) would be at risk. It might be possible to offset these problems by transferring production to other Asian countries with cheap labour and favourable terms, but this couldn’t be done quickly and it would be risky, given that Trump is waging trade wars with everyone from the European Union to loyal US allies such as Japan and India. In light of this, US companies will have a huge incentive to prevent Trump from being elected for a second term, and the lobbying and political capabilities of that part of the US corporate sector that will suffer the most from this trump card could really play a key role in the political victory of Trump’s opponents.

    The third trump card involves China dumping its portfolio of US Treasury bonds. The Global Times writes: “China holds more than $1 trillion of US Treasury bonds. China made a great contribution to stabilizing the US economy by buying US debt during the financial crisis in 2008. The US would be miserable if China hits it when it is down.” One can conclude from this that Beijing will most probably save dumping its portfolio of US treasury bonds for dessert – in that it will have the biggest impact when the US stock market is experiencing its next crisis.


    その結果、米国企業の利益と米国株式市場の将来(多くのアメリカ人が貯蓄を株式に投資してきたことを考えると、これは重要な政治的指標です)が危険にさらされることになります。安価な労働力と有利な条件で他のアジア諸国に生産を移転することによってこれらの問題を相殺することは可能かもしれません、しかしトランプが欧州連合からのすべての人と貿易戦争を起こしているので日本やインドなどの忠実なアメリカの同盟国。これを踏まえて、米国企業はトランプが第2期に選出されるのを防ぐための大きなインセンティブを持つことになり、このトランプカードから最も苦しむ米国企業部門のその部分のロビー活動および政治的能力は、実際に重要な役割を果たす可能性があります。トランプの対戦相手の政治的勝利における重要な役割。


    3番目の切り札は、中国がその米国財務省債のポートフォリオを投げ出すことを含みます。グローバルタイムズ紙は、次のように述べています。「中国は1兆ドル以上の米国債を保有しています。中国は、2008年の金融危機の間に米国の債務を購入することによって、米国経済を安定させることに大きく貢献しました。それは、米国の株式市場が次の危機に瀕しているときに最も大きな影響を与えるという点で、デザートのための米国の国債の使用です。


    China’s Vice Premier Liu He (left) speaks during a meeting with President Donald Trump (right) in the Oval Office of the White House on February 22, 2019

    The move is not likely to cause catastrophic damage in and of itself (although the value of US bonds will definitely fall), but if it is done at the moment when America is most vulnerable, then China’s portfolio may well end up being the straw that breaks the camel’s back.

    Beijing is not displaying a particularly cocksure attitude. As the Global Times’ editor-in-chief quite rightly notes on Twitter:


    2019年2月22日、ホワイトハウスのオーバルオフィスでドナルドトランプ大統領(右)との会談で、中国の劉和副首相(左)が講演します。


    この動き自体は壊滅的な損害をもたらす可能性はないが(米国債の価値は確実に下がるだろうが)、もしアメリカが最も脆弱な時期に行われたのであれば、中国のポートフォリオは結局のところわからない ラクダの背中を折る。


    北京は特にコックな態度を見せていない。 Global Timesの編集長として、Twitterについてきちんと述べています。

    “Most Chinese agree that the US is more powerful than China and Washington holds initiative in the trade war. But we just don’t want to cave in and we believe there is no way the US can crush China. We are willing to bear some pain to give the US a lesson.”

    As China lays its trump cards on the table, the world’s globalised economy will creak and collapse. Globalisation is going backwards, and chances are we’ll end up with a completely different economic system that has more protectionism. Instead of a global market, there will be several large regional markets with their own rules, dominant currencies, technical standards, and financial systems.


    「ほとんどの中国人は、米国が中国よりも強力であり、ワシントンが貿易戦争で主導権を握っていることに同意する。 しかし、私たちはただ洞窟に入りたくないし、米国が中国を潰すことはできないと信じています。 私たちは米国に教訓を与えるためにいくらかの痛みを負うつもりです。」


    中国が切り札をテーブルの上に置くと、世界のグローバル経済は衰退して崩壊するでしょう。 グローバリゼーションは後退しており、より多くの保護主義を持っている全く異なる経済システムになる可能性があります。 グローバル市場の代わりに、独自のルール、主要通貨、技術標準、および金融システムを備えたいくつかの大きな地域市場があります。


    ^^^^^^^


    以上機械翻訳でした。

皆が知るべき量子コンピューターの話

2019.05.28.23:35

量子コンピューターの「IBM  Q Network」と言う量子コンピューターがあるそうだ。

「モンテクリストのトランプ」って、どう言う意味?

これヒントらしい。

おばちゃんには、意味はさっぱりだが…

世界が良い方向へ行けば、
右でも左でも、
上でも下でも、
西でも東でも、
赤でも黒でも白でも黄色でも、
どうでもいいのだが…
一般人はね…




【トランプ大統領来日3日目】令和元年5月27日 宮中晩餐会の模様

2019.05.28.12:06

トランプ大統領、令和元年宮中晩餐会の様子



素晴らしかったですね!!
新天皇陛下の表情も交えた外交は素晴らしく、心情をダイレクトに伝えるものだと感じました。
驚いたのは、雅子皇后の、見事な外交ぶりです、
まるで、水を得た魚のような、流れるような、見事!としか言いようがない、素晴らしい外交でした。
国民として、誇りに感じました。


地震に注意!環太平洋火山帯に注意!!ペルーで26日、M8の地震

2019.05.27.22:05



日本だけでなく、世界で起きている地震情報や火山の噴火に注意しよう!

もし何かあったら、どのルートで逃げるか、家族と離れ離れになってしまったら、どこで落ち合うことにするか、決めておきたいものです。

^^^^^^^^^^^


これに関連する記事を、
IN DEEP様が書いております。
詳しい内容は、元記事をご覧ください。

「大地震は《地球の裏側》に別の地震を誘発する」 : 2018年の北海道地震を誘発させたペルーの地震の震源に近い場所で「M8の大地震」が発生。またも連動は起きるのか?




「宇宙人との対話・グレタウッドリュー」30

2019.05.26.22:40

20190225221833c17_20190228211238799.jpg

アメリカ合衆国の科学者たちも、現在では、早期警戒システムに、地震前の動物の行動の指標を慎重に組み入れるべきである、と確信するに至っている。
科学記事の筆者で編集者のフレッド・ワルショフスキが、「自然は惨事によって人間の運命をコントロールする」と書いたが、彼は明らかに、間違ってはいなかったのだ。
未来へのもう一つの鍵(と、それに私たちの心配の的)は、気候の型の世界規模での変化である。
1977年5月に、デイックの所属している若手経営者協会のセミナーで、私は、世界的に有名な気象学者アイベン・ブラウニング博士が、私たちの直面している、気候の様相の変化がもたらす結果をいくつか述べるのを聞いた。
それによれば、

1、カナダでは、今後20年間に、小麦栽培のできる期間が40日短くなり、このために小麦取引の活気が失われ、カナダは輸出国から輸入国になる。(春が遅く、秋が早くなる)
2、西ヨーロッパは、今後400年間、いまよりも寒くなる。
3、ソ連はおそらく今後100年間、自給自足できなくなる可能性がある。
4、中国は現在、だ規模な干ばつに襲われているが、昨年の火山噴火に続いて、小麦の収穫が落ちている。ここ2〜3年のうちに、飢饉が起こり、そのために1000万人から5000万人が死ぬ。
5、ポーランドは史上最悪の穀物不振に見舞われた。
6、インドでは、1983年頃まで、モンスーン勢力の減退が見られないと思われるが、その頃には収穫は3分の一に減って、全人口の4分の1ほどが餓死する可能性がある。
7、中央アメリカは旱魃と蝗害に見舞われるだろう。
8、北ヨーロッパでは、極端な旱魃と早霜があるだろう。
9、全体的な予測としては、全世界の農民の半数が破産するだろう。

ブラウニング博士は続けて、北半球の潮力が増大しているので、現在私たちは、気温の下降と火山活動の増加にぶつかっていると言っている。
この潮力は今後50年間にも増大し続け、北半球の寒冷化を引き起こす。
変わりやすい気候は危険な気候である。
というのも、人間も含めた多くの動植物が生き残れないからである。
気象学的な研究によれば、過古5000年間は、今まで十万年のうちで最も温暖な時期であった。
この温暖な時期が終わりに近づきつつあるのを示す、明らかな兆候がある。
1974年に発表されたCIA政策研究局の報告は、現在の農学は、ことごとく過去30年間の気候に基づいていると伝えている。
また最近の30年間は、穀物の成長に適した稀に見る時代であって、中世以来、最良の時代であったと指摘している。
先頃の世界気象機関の1報告は、アフリカとインドで続いている旱魃とロシアと中国の不作を、差し迫りつつある「世界的規模の気候変化」に関連づけている。

気候の型の劇的な変化は、どうして起こったのだろうか。
火山活動の増大に、一部その回答を求めることができる。
最近10年間に、大規模な火山の噴火が、南極、チリ、ペルー、ガラパゴス諸島、エルサルバドル、コスタリカ、ニカラグア、ガテマラ、セントビンセント、西インド諸島、アラスカ、グリーンランド、アイスランド、カナリア諸島、ハワイ、ニュージーランド、南太平洋、フィリピン、インドネシア、日本、ソ連、シチリア島、エチオピアで起こったことが報告されている。
これらの噴火で、大量の塵が大気中に吐き出され、太陽の光が遮られるために、気候の乱れが生ずるのである。
この乱れは、地球全体の寒冷化を引き起こし、広範な地域に旱魃や洪水をもたらすことが知られている。
火山はまた、フッ化炭素を吐き出すが、これによって今後10年間に、太陽光の半分以上が失われる可能性がある。
さらにまた不吉な事実だが、地球上の約1万の火山のうち、8500は大陸プレートの縁沿いに存在している。
1980年5月、ワシントン州のセントヘレンズ山が2度噴火し、大規模な爆発で北側斜面1300フィートが吹き飛ばされ、高熱の灰とガスや溶岩や岩石の破片が、空中6〜7万フィートの高さまで吹き上げられた。
科学者によれば、噴火の規模は、TNT火薬数メガトン分に当たり、人類が今までに使用した最大級の水素爆弾に相当すると計算している。
火山灰に加えて、大気圏上層の硫酸で、北アメリカの穀物地帯と世界の各所で、劇的な気象変化が引き起こされた「シナリオ」の一部を、私たち誰の目にも明らかなように、ありありと見せつけたのが、この噴火だったのである。

これは氷山に一角に過ぎない。
というのも、セントヘレンズ山は、ブリテイッシュコロンビアのガリバルディ山からきたカリフォルニアのラッセンピークまで700名るに渡って延び、15の大火山を含むカスケード山脈の一部に過ぎないからである。
この一帯は、南アメリカ、日本、アリューシャン列島列島沿いに、太平洋を縁取っている、火山帯の北米部分をなしている。
火山学者はこれを「火の環」と呼んでいる。

img_939ac86464c0b84239cab0c75feb7873244558.jpg

^^^^^^

続く→

環太平洋火山帯→ウイキペディア

環太平洋火山帯(赤い帯)、青線は海溝
M7以上の地震 (1900-2013)
Pictogram Ski Slope red.svg: 地震 (深度 0-69km), RouteIndustriekultur Siedlung Symbol.svg: 活火山。
テクトニック・プレートの各地点のアフリカ・プレートに対する動き(mm/年)[1]

環太平洋火山帯(かんたいへいようかざんたい、Ring of Fireリング・オブ・ファイアー)は、太平洋の周囲を取り巻く火山帯のことで、日本列島も含め火山列島や火山群の総称である。環太平洋火山帯には世界の活火山の約6割があり、大・小スンダ列島インドネシア)と西インド諸島カリブ諸島)を含めた広義の環太平洋火山帯では世界の8割近くの火山を擁している[2]

別名環太平洋造山帯(かんたいへいようぞうざんたい)とも言い、アルプス・ヒマラヤ造山帯とともに世界の2大造山帯とも言われる。アルプス・ヒマラヤ造山帯は、環太平洋造山帯ほどではないが地震の多い地域であるが、火山は少なく褶曲が多い点が異なっている。

和名で環太平洋、英語でRing of Fire(直訳: 火の環)と言われているが、環太平洋火山帯は閉じた輪では無く、周囲が約4万キロメートルの蹄鉄状である。地球上で発生する地震の約90%、活火山の75%が環太平洋火山帯で発生、点在しており[3]、452の火山が南米大陸の南端から中米北米を経てベーリング海峡日本列島フィリピン諸島大スンダ列島ニューギニアからメラネシアニュージーランドへと連なっている[4]。ニュージーランドから南米大陸の南端ティエラ・デル・フエゴにかけては火山の帯が途切れている。

環太平洋火山帯の成因はプレート・テクトニクス理論におけるテクトニック・プレート[5]岩盤)間の相互作用によるものである[6]。プレート同士が衝突している場所では、海洋プレートの沈み込み現象が起き、海溝を形作っている。火山および地震活動の主な原因がこの沈み込みであり、地球上の海溝の大半が太平洋を取り囲むように続いている[7]


^^^^^

確かに、

あれから、40年近い月日を経てもなお、これらのエリアは危険で警戒を要する場所であり続けている。

グレタは、この環太平洋火山帯が、危険であると言っているのです。


これは去年の話ですが…気になりますね。

今年も日本でも地震がいくつか起きています。




地震が起きる可能性が高まっているという・東海、南海、東南海

2019.05.26.10:22

じし

そう言えば、誰かが言っていた。
ちきゅう号は、どこでミシン目のように海底に穴を開けているのかなって?




ペンタゴンはついにUFOの調査を認める

2019.05.23.21:04

Pentagon Finally Admits To UFO Investigations

ペンタゴンはついにUFOの調査を認める

The Pentagon has admitted that they have been investigating UFOs through a secret government initiative known as the "Advanced Aerospace Threat Identification Program (AATIP)," which the Defense department told the New York Post "did pursue research and investigation into unidentified aerial phenomena."

国防総省がニューヨークポストに語った「高度航空宇宙脅威識別プログラム(AATIP)」として知られる秘密政府主導でUFOを調査していたことを国防総省は認めている。

The DoD says that it shut down AATIP in 2012, however spokesman Christopher Sherwood told the Post that the department still investigates potential alien aircraft sightings

DoDはそれが2012年にAATIPを閉鎖すると言います、しかし、スポークスマンChristopher Sherwoodはポストが部門がまだ可能性のあるエイリアンの航空機目撃を調査するとポストに言いました。

"The Department of Defense is always concerned about maintaining positive identification of all aircraft in our operating environment, as well as identifying any foreign capability that may be a threat to the homeland," said Sherwood. 

"The department will continue to investigate, through normal procedures, reports of unidentified aircraft encountered by US military aviators in order to ensure defense of the homeland and protection against strategic surprise by our nation’s adversaries." 


「国防総省は、私たちの運用環境内のすべての航空機を確実に識別し、祖国にとって脅威となる可能性のあるあらゆる外国の能力を識別することに常に関心を持っています」とSherwoodは述べました。

「本土の防衛とわが国の敵対者による戦略的な驚きからの保護を確実にするために、米軍航空飛行士が遭遇した未確認の航空機の報告を通常の手順で引き続き調査する。」


Nick Pope, who secretly investigated UFOs for the British government during the 1990s, called the DOD’s comments a “bombshell revelation.”

Pope, a former UK defense official-turned-author, said, “Previous official statements were ambiguous and left the door open to the possibility that AATIP was simply concerned with next-generation aviation threats from aircraft, missiles and drones — as skeptics claimed.

This new admission makes it clear that they really did study what the public would call ‘UFOs,’ ” he said.

“It also shows the British influence, because UAP was the term we used in the Ministry of Defence to get away from the pop culture baggage that came with the term ‘UFO.’ ” -New York Post


1990年代にイギリス政府のために密かにUFOを調査したNick Popeは、DODのコメントを「爆弾啓示」と呼びました。

イギリスの元国防当局者になったポープ氏は、次のように述べています。

「この新たな承認により、国民が「UFO」と呼ぶものを実際に研究したことが明らかになりました」と彼は述べた。

「UAPは「UFO」という言葉に付随するポップカルチャーの手荷物から逃れるために国防省で使用されていた用語だったので、それはまたイギリスの影響を示しています。」 -  New York Post


AATIP's existence was revealed in 2017, when former Senate Majority Leader Harry Reid (D-NV) claimed to have arranged for the program's $22 million annual funding. Reid told the New York Times that it was "one of the good things I did in my congressional service."

The New York Times published the article after the DoD released a 33-second DoD video released by the AATIP, featuring an airborne object being chased off the coast of San Diego by two navy jets in 2004. 


AATIPの存在は2017年に明らかにされました。元上院の多数派リーダーリーダーHarry Reid(D-NV)がプログラムの年間2200万ドルの資金を手配したと主張したときです。 ニューヨークタイムズ紙に、リードは「議会の奉仕で私がした良いことの一つ」であると語った。

ニューヨークタイムズ紙は、DoDがAATIPによって公開された33秒のDoDビデオを発表した後に記事を発表しました。そして、2004年にサンディエゴの沖で2つの海軍ジェットによって追われている空中物体を特集しました。


On Sunday we reported on an op-ed written by Christopher Mellon in The Hill, on the fact that since 2015, "dozens of Navy F-18 fighter jets have encountered Unidentified Aerial Phenomenon (UAPs) - once commonly referred to as UFOs - off the East Coast of the United States, some not far from the nation’s capital. Encounters have been reported by other military aircraft and civilian airliners elsewhere in the U.S. and abroad, too, including videos shot by airline passengers."


日曜日に我々は2015年以来、「何十もの海軍F-18戦闘機が未確認の空中現象(UFOと呼ばれる - これまで一般的にUFOと呼ばれていた)に遭遇したという事実について」 米国の東海岸、首都からそれほど遠くないところもある。航空会社の乗客によって撮影されたビデオを含め、米国内外の他の軍用機および民間航空会社による遭遇も報告されている。」


What these UAPs were and who was flying them - whether friends, foes or unknown forces - remains a mystery. Yet careful examination of the data inevitably leads to one possible, disturbing conclusion: A potential adversary of the United States has mastered technologies we do not yet understand, to achieve capabilities we cannot yet match.

It is long past time for Congress to discover the answers to those questions, and to share at least some of its conclusions with the public. -The Hill


これらのUAPが何であったか、そして誰がそれらを飛ばしていたか - 友達、敵、未知の力にかかわらず - は依然として謎です。 しかし、データを慎重に検討すると、必然的に1つの可能性があり、厄介な結論につながります。米国の潜在的な敵対者は、まだ対応できない機能を実現するために、まだ理解していないテクノロジを習得しました。

議会がこれらの質問に対する答えを発見し、その結論の少なくともいくつかを一般の人々と共有するのは久しぶりです。  - ヒル


^^^^^^


以上転記終了


詳しくは元記事をご覧ください。→https://www.zerohedge.com/news/2019-05-22/pentagon-finally-admits-ufo-investigations-secret-program


ペンタゴンちゅうたら、アンさん、それは、グンさんでんがな。

なんちゃって!


ふ〜NNな点は、それは「敵」ということですかね?



ジム・スローンの311についての告発

2019.05.22.21:26

ジム・ストーン氏って誰?
ジャーナリストであるそうだ。
告発して逮捕されたらしい。こんなことを言っていた。
このブログを見に来ているコアな読者の方々は、無論承知で余っているのでしょう…
一般人には、確かめようもありません。

^^^^

D7IJMn1VUAAm1DV.jpg


^^^^^

ジム・ストーン氏逮捕

「福島原発核テロ説」ジャーナリスト、ジム・ストーン氏の逮捕



数々の状況証拠から、福島原発事故が核テロによって起こされたことをスクープしていた、ジャーナリストのジム・ストーン氏が逮捕されてしまったようです。

彼は少し前まで当局に拘束されそうになったところを逃げていました。

私も過去記事で取り上げています。

「福島原発はイスラエルの核テロ」外国人ジャーナリストのスクープ

ジム・ストーン氏のの逮捕という知らせの前に、彼のスクープと見解をこちらに全文掲載します。ただし長いので、2回に分けようと思います。

彼のサイトに日本語訳がついていたので、訳のある部分はそこも含めて転載します。訳が全部ではないようなので、ない部分は私の方で訳し補足しました。訳して彼に送ってくださった方がいるようです。

Did the Dimona Dozen murder the Fukushima 50?

フクシマ原発を殺したのは(イスラエルの原発管理会社)ディモナ・ドーゼン社か?

管理人引用注:
ディモナ(Dimona)はイスラエルの都市の名前であり、Dozen(上記のドーゼン)は
「多数」という意味があるので、私は「ディモナの一派」と訳しています。
会社はマグナBSP社のはずだからです)

Fukushima may in fact have been caused by an act of war under the cover of an environmental disaster.

フクシマは自然災害を装った戦争行為だった。

NHK released a bogus report – NHK PULLED IT, PROBABLY IN RESPONSE TO THIS SITE !!!

NHKはいんちきのレポートを発表した-そしてそれを引き下げた、このサイトに対する反応だろう!!!(管理人訳)

On Feb 26 2012, claiming they have the first aerial footage of Fukushima when far better aerial footage has been posted on this site since May of 2011! Furthermore, NHK modified their photos! What are they hiding? Well, what is reported here, of course!

このサイトで2011年の5月から断然よい空中撮影ビデオを投稿してたのもかかわらず、NHKは2012/2/26、初めて空中撮影のビデオを入手したと!NHKは彼らの写真を修正したのだ!彼らは何を隠してる?それこそが、もちろんここでレポートしている内容だ!(管理人訳)

DEAR NHK NEWS IN SENDAI JAPAN: If you really cared about the Japanese people, you would show them THIS picture of reactor 3!

日本の仙台にあるNHKニュースへ:もしあなた方が本当に日本の人々のことを思うなら、ここにある3号機の写真を見せるだろうに!(管理人訳)

これが2011年3月24日に撮影された空中写真だ。これこそがその姿だった。NHKは嘘をついた!
(管理人訳、クリックで拡大)

jimstone1.jpg

I permit and encourage entire site mirrors of all my articles. Copy them and run them as your own; my topics are huge and often need distributed protection.

敵は巨大だ。消される前に、コピーして流してくれ。頼む。このサイト丸写しOK. 自由に使って欲しい。(翻訳も原文に照らし合わせ、もっと正しく滑らかに読者の文体に直してください -訳者)

It took them three hundred years and trillions of dollars to build a theatre of darkness, yet the light of only one match can burn it down. Do not let this light go out. Archive and POST!

彼らは、300年とゆう歳月と何兆ドルとゆう金を費やすして悪の劇場を築きあげたが、これを終わらせるには、一本のマッチの火でいいのだ! 火を絶やさないでくれ。頼む、コピーして、保存して、あちこちに貼付けてくれ!

Jim Stone, Freelance Journalist, Updated Tuesday, Feb 28, 2012

ジム・ストーン、フリーランス・ジャーナリスト、2011年12月28日

^^^^

以下略


詳しくは元記事をご覧ください。

これらを間に受けると‥

ヤンなっちゃいますね…

どう変えたらいいのでしょうか?

手をこまねくしかないのかな…



北朝鮮日本に大惨事を予告・北朝鮮ミサイルの照準はどこに?・ロシアが米国のために原油を増産

2019.05.21.23:07

え????

日本て、北朝鮮と争ってましたっけ????
全く記憶がないのですが…

^^^^

スプートニク様より→北朝鮮、日本に大惨事を予告→

日本当局が、軍事的潜在力拡大を目指すのであれば、それは「日本に大惨事をもたらすことになるだろう」―朝鮮民主主義人民共和国の政府系新聞「ミンジュ・チョソン」は、日本の防衛政策を批判する論文を掲載した中で、そうした予想を伝えた。

「日本の反動勢力が、執拗に近代兵器購入を志していることに気付かないわけにはいかない。日本当局は、超近代的な兵器や軍事用設備を手に入れるためだけに、天文学的な額の軍事予算を拠出する用意ができている。」

新聞はまた、日本指導部に対し、軍国主義化の野望を持ち、米国の支援のもと「国際的な軍事的緊張のエスカレートを繰り返そうとしている」として強く非難した。

先に伝えられたところによると、日本の今年度の防衛予算は、386億円増え4兆8600億円(476億5千万ドル〕となった

以上転記終了

^^^^^^
北朝鮮版「イスカンデル」は、トランプ氏に照準を当てているのか?
https://jp.sputniknews.com/opinion/201905216279339/

4月末から5月初旬にかけ、北朝鮮は外交方針の修正を誇示してみせたが、おそらくこれは北朝鮮の外交戦略によるものだろう。北朝鮮の目的はこれまでと変わらず、政治的・経済的孤立から脱却することである。

4月25日、ロシア極東ウラジオストクでロシアと北朝鮮の初首脳会談が開かれた。この会談は、ベトナム・ハノイで開かれた第2回米朝首脳会談の失敗を受け、北朝鮮が米国との対話の仲介役であるロシアに駆け寄ると決めたことを内外に示した。

その少し前、4月18日には、米国のモラー特別検察官によるトランプ政権のロシア疑惑についての捜査報告書が公表された。それによれば、2016年の米国大統領選挙において、トランプ陣営とロシアを結びつける十分な証拠は見つからなかった。トランプ米大統領は選挙前、ロシアとの関係の正常化を公約に掲げていたが、報告書が公表されたこのタイミングで、ロシアとの関係正常化というテーマに戻る用意がある。

北朝鮮問題は、このプロセスの良い出発点になり得るだろう。ロシアにとっても、中間選挙前の米国にとっても、朝鮮半島の「非核化」というテーマは非常に大事だからだ。トランプ氏は今月3日、プーチン露大統領と電話会談を行い、露朝首脳会談の内容を直接聞いた。その後、ポンペオ米国務長官はロシアのソチに向かい、プーチン氏と会談した。

14日、プーチン氏とポンペオ氏の会談の後で、ウシャコフ露大統領補佐官は、「私たちは今日、北東アジアでの強固な安全メカニズム構築に向け、ロシアが関係諸国との連携の意思があることをポンペオ氏に改めて伝えた」と述べた。

ポンペオ氏もまた、ロシアとの協調について「私たちは少なからぬ時間を過ごし、北朝鮮や、非核化を達成する手段について話し合った。私たちには共通の課題があると私は考えており、共に取り組めるような道を見つけられると期待している」と公式に述べた。

6月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でトランプ氏とプーチン氏が会談すると見られるが、このテーマが主要な議題の1つになる可能性は高い。だが、その協議は簡単ではないだろう。

北朝鮮はまたも、力を誇示する戦術に走り、5月初旬に2度、発射訓練を行った。

韓国のシンクタンク「世宗研究所」の鄭成長(チョン・ソンジャン)研究企画本部長は、「これは韓国からの挑発に応えた措置だろう」という見解を示している。

「北朝鮮が短距離ミサイルを繰り返し発射した背景には、米朝首脳会談が失敗した後、3月から4月にかけて米韓が合同軍事演習『トンメン(同盟)19-1』を実施したことと、5月4日のミサイル発射について韓国が挑発だと名指ししたことへの不満があるだろう。今回の連続ミサイル試験で北朝鮮は、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)でも迎撃不可能な自国ミサイルの恐るべき性能を対外的に誇示し、国内向けには、非核化をめぐる協議実施に不満を抱く軍を落ち着かせたかったのだろう」

ともかくも、発射実験は節度を守って行われた。米国の専門家はこれらを、国連安保理の「決議1874」で禁止されている弾道ミサイルだとは認定しなかった。トランプ氏は、5月9日のミサイル発射は米朝の信頼を裏切る行為ではないとの認識を示しており、会談への扉はまだ開かれている。

9日に北朝鮮の北西部・平安北道の亀城(クソン)付近から発射されたミサイルは、性能から韓国の専門家が推測するところ、従来の短距離ミサイル「KN-02」を改良したものである可能性がある。最高高度はKN-02と同じく40〜50キロだが、射程は拡大され、200〜400キロとなっている。こういったミサイルの撃墜は難しい。これらの特色を鑑みると、北朝鮮の新ミサイルはロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」に似ている。米誌ナショナル・インタレストは、「イスカンデル」がロシア軍のもっとも危険な兵器だと指摘している。

またAP通信は、ミサイル技術を北朝鮮に与えたとして、ロシアを非難する記事を掲載した。しかし、スウェーデンのシンクタンク「ストックホルム国際平和研究所」(SIPRI)のサイモン・ウェセマン上級研究員は、北朝鮮が「イスカンデル」のコピー品を作った可能性があると指摘。これは同ミサイルの「クローニング」が行われる初めてのケースではない。例えば、韓国の「玄武-2」弾道ミサイルは、「イスカンデル」にヒントを得て製造されたと見られる。中国にも同様の弾道ミサイルとして「東風12号」があるが、これも「イスカンデル」と似たような構造だとウェセマン氏は言う。だが、「イスカンデル」のように効果的な兵器を北朝鮮が開発しているとしたら、米国が韓国に配備するミサイル防衛(MD)システムを脅かしかねない。この場合、「ロシアが北朝鮮のミサイル開発に関与した」との情報は、北朝鮮問題解決に向けたトランプ氏の尽力、プーチン氏との連携を弱める。そして重要なことに、問題を外交的に解決する邪魔にもなり得るだろう。

以上転記終了

^^^^^^^^

この北朝鮮の、ロシアからの技術提供を受けたのか、コピーしたのか不明ですが、ミサイルが、「藤原直哉氏が5月の講演で語っていた、例のミサイル」ですね?

まあ、そういうことで、米国とロシアは話がついており、

米国と中国も話がついており?

日本は?

^^^^^

米国はベネズエラともめて、入ってこない原油をロシアから買っているそうだ。

しかも、ロシアは米国のために、増産しているようだよ〜NN

こちらもスプートニク様より→ロシアは、ベネズエラ産原油の供給減少を背景に、米国向けの原油輸出を積極的に増加している。ブルームバーグ通信が報じた。


カラカス・キャピタル・マーケッツのマネージングパートナー「Russ Dallen」の報告書によると、5月上旬、タンカー13隻がロシア産原油及び石油製品およそ500万バレルを米国に輸送、さらに追加の原油が現在輸送中。「Russ Dallen」は、1ヶ月間で米国の石油精製業者がロシア産原油の輸入量を3倍に増やす可能性があるとの見方を示している。先にブルームバーグ通信は、米国が過去5カ月間で輸入したロシア産原油「Urals(ウラル)」は500万バレルに上ると報じた。なお2018年の年間を通した輸入量は751万バレル、2017年は158万バレルだった。

^^^^^^^

以上転記終了


わかっているの?日本…

誰に文句を言ったらいいかわかりませんが、

日本は、馬鹿みたいに、

置いてかれてませんかね…






プロフィール

kitako

Author:kitako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR