FC2ブログ

米国のみならず世界で起きていること・過去と未来にある変化、無論日本でも…コーリーグッド

2018.12.30.00:05








^^^^^


もし、
ここでコーリーが述べていることが、
真実であるとしたら、
我々は、何が起きていたか、
そして何が起きるのか、
それは、
米国だけで起こり得ていることではなかったことを知る。


日本における平成29年度の行方不明者は→

行方不明者の届出受理数は、過去10年間では横ばいで推移。29年は 84,850人で28年と同数。
男女別では、男性が54,574人(構成比64.3%)、女性が30,276人(構成 比35.7%)と、男性の割合が高く、男性、女性共に過去5年間、横ばい。
年齢層別では、人口10万人当たりで10歳代が最も多いが、過去5年間で は減少傾向。70歳以上は増加傾向。
原因・動機別では、疾病関係が年々増加し、29年は22,162人(構成比26. 1%)と最も多く、このうち認知症又はその疑いによるものは15,863人(構 成比18.7%)。疾病関係に次いで、家庭関係の14,846人(構成比17.5%)、 事業・職業関係の9,912人(構成比11.7%)の順で多く、家庭関係は年々 減少傾向(その他、不詳を除く。)。



^^^^^

米国における年間ゆくへ不明者は→


アメリカでは、推定で毎年約 800,000人の子供たちの行方不明が報告されている。

私は以前、2013年には4000人の子供が行方不明になっているという記事を書きました。読売新聞の記事からの情報です。


アメリカ以上に子どもの行方不明が多いのがイギリスだった



関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

kitako

Author:kitako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR